駒形神社(小川町原川)

IMGS3436s.jpg
 諏訪神社の北西100m程の位置に鎮座する駒形神社(比企郡小川町原川74)。

『当地は、兜川上流の山間地にある。古くは玉川領に属したというが、正保から元禄年間(1644~1704)にかけて、竹沢村が六村に分かれた際に原川村として独立した。
 これより先、天正十八年(1590)の松山城陥落の際、落武者の一部は大河原村(現東秩父村)に逃れたといわれており、城主上田安独斎朝直の墓も同村内の浄蓮寺に現存する。同寺の過去帳によると、松山城にいた三人の家老の一人、原川丹波守が落ち延びて隠れ住んだのが当地であったという。このころ当社も創建されたと伝わるが、「明細帳」には慶長四年(1599)に再建とあることから、当初は恐らく小さな祠であったのだろう。その後、次第に村民の信仰を集め、当村独立の際に村の鎮守として位置づけられたと思われる。境内にある「たもと石」と呼ばれる高さ五○センチメートルほどの円柱状の石は、丹波守が松山城から落ち延びた時に袂に入れて持ち出したものといわれ、例祭には注連縄を張って祭典を行っている。
 参道北側の斜面一角に平地があり、地蔵尊、法印墓石等が建つことから、かつての別当があったことが推察される。丹波守の後裔に当たる原川健家で現在祀られている雌雄の木彫りの馬は、この当時の神体であり、神仏分離により原川家に預けられた。左甚五郎の作と伝え、夜毎作物を食い荒らすので、古くは鎖に繋がれていたという』
(「埼玉の神社 大里 北葛飾 比企」より抜粋)
IMGS3442s.jpg
 参道と社号標石。
DSCF4617s.jpg
 拝殿。
IMGS3448s_201510132024072a7.jpg
 参宮記念参道改修之碑と改築記念碑。その間に「袂石」があるのだが、木に隠されてしまって見え難い。
『夫レ敬神崇祖ハ往年ヨリ美風トシテ世々傳フル處
 ナリ茲ニ氏子有志相圖リ伊勢皇太神宮参拝ニ同志
 ヲ募リ昭和十三年四月参宮團ヲ組織尓来団員醵出
 貯金ヲ励行セリ折リシモ事変ハ廣大ノ一途ニ有リ
 其ノ貯蓄ニ且ツハ増産ニ挺身協力遂ニ兩々ノ蓄積
 相俟ツテ軈テ其ノ機至リ昭和十九年二月八日出廢
 同十日太々神樂ヲ奏セリ此ニ於テ参道ノ改修ヲ行
 ヒ神徳ノ無邊ヲ記念センカ為メ石ニ識ス』
DSCF4621s.jpgIMGS3469s.jpg
 袂石。
IMGS3466s_201510132058085a2.jpg
 末社。
 左の石碑には仙元大神宮と刻まれている。「埼玉の神社 大里 北葛飾 比企」の境内見取図には末社として仙元と稲荷の名が記されているが、残り三社の名は無い。四基の石祠は全て稲荷社なのだろうか。
IMGS3480s_20151013205806c20.jpg
 地蔵堂。
 その隣には如意輪観音や庚申塔、無縫塔などが並んでいる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード