吉野神社(小川町木呂子)

IMGS3649s.jpg
 木呂子区民センターの400m程南西に鎮座する吉野神社(比企郡小川町木呂子303)。

『竹沢六村の最も西に当たる木呂子は、兜川の上流に位置する静かな山村である。この地は、古くは「吉野の里」と呼ばれ、中世には松山城主上田氏の有力な家臣であった木呂子氏の居館があった。
 木呂子には、古くから天神社があり、武藤家が氏神としてそれを祀ってきた。「風土記稿」に「天神社 村民持」とあるのは同社のことで、武藤家にある薬師如来像が鎌倉時代の作であることから、当社の内陣に安置される天満天神座像も鎌倉時代の作と伝えられている。明治八年、武藤又兵衛が社地と大杉を地内の松本吉兵衛に売却したのを機に、当社は近隣八戸を氏子とするようになり、翌九年には村社になった。更に、明治四十一年(「明細帳」では四十二年二月)には地内にあった無格社山神社・八王子神社・稲荷神社が当社に合祀され、大正十五年には、木呂子が古くは「吉野の里」と呼ばれていたことにちなんで、社名が吉野神社と改められた。
 当社には、摂社として天手長男神社と梅之宮神社が祀られている。前者は、天保の初め、当地に大火災があり、以後、火災を恐れた村人が天保十五年(1844)に寄居町小園にある天手長男神社の分霊を奉斎したものであるという。後者は、養蚕を奨励し、村に繁栄をもたらした領主小野朝右衛門を讃えるために、安政二年(1855)に領主から賜った鏑矢と矢じりを神体として祀った社である。

 当社の主祭神は、学問の神様として広く知られている菅原道真公で、十月十五日にはその祭りである秋例祭が行われる。
 天手長男神社の祭神は、櫛明玉命とされているが、氏子・崇敬者の間では「お手長様」と呼ばれている。「お手長様」は火防の神として御利益があるといわれ、木呂子ではこの社を祀って以来火災もなく、安心して暮らせるようになったという。
 梅之宮神社は、通称を「こかげ様」といい、木花咲耶姫命がその祭神といわれる。この社は、養蚕の神として木呂子だけでなく、隣接する勝呂の人々からも崇敬され、四月二十三日に行われる例祭では養蚕倍盛が祈願される。太平洋戦争後、養蚕は不振の傾向にあるが、同社は、養蚕に限らず諸産業繁栄の神として信仰が厚い。
 このほか、当社に合祀された山神社の例祭が一月十七日、稲荷神社の例祭(初午祭)が三月初午日、八王子神社の例祭が祭神が同じであるという理由から梅之宮神社の例祭に併せて行われている』
(「埼玉の神社 大里 北葛飾 比企」より抜粋)

 寄居町小園の天手長男神社は天忍穂耳尊・天手力男命・天鈿女命が御祭神の筈だが、なぜそちらからの分霊を祀った神社の御祭神が櫛明玉命になるのだろうか。
IMGS3673s_20151015202914fc4.jpg

IMGS3653s.jpg
 拝殿。
 額には「光被六合」と彫られ、その下には橘紋が彫られている。
IMGS3657s.jpg
 斜めから。
 「埼玉の神社 大里 北葛飾 比企」の境内見取図には社殿の隣に天手長男神社と梅之宮神社が記されているが、そのようなものは見当たらない。覆屋の中に一緒に納められているのだろうか。

 吉野神社の南西にある丘陵部(ここ)に祠があったのだが、あれはなんだろう?
 この後は白鳥神社へ向かったのだが、こちらは祭りの最中であったようで、これまた撤退して次の神社へ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード