雲龍寺(小川町靭負)

IMGS3978s.jpg
 熊野神社の南隣に曹洞宗竹沢山雲龍寺(比企郡小川町靭負637)。

『雲龍寺は、竹沢山と号し、曹洞宗に属する寺院である。江戸時代には、大塚村大梅寺の末であった。本尊は釈迦牟尼仏で、寺宝として釈迦八相の図が伝えられている。
 寺伝によれば、雲龍寺は、嘉元二年(1304)に、後深草天皇に仕えていた竹沢左近将監が、この地に草庵を設けて開創したものであるという。また、口碑によれば、雲龍寺は天正十八年(1590)に大火によって焼失し、その後長い間村内に寺のない状態が続いていたが、享保四年(1719)に再興されたという。これを雲龍寺の中興とし、中興開山の邦秀は「新編武蔵風土記稿」によれば享保七年(1722)の没となっている。ちなみに、この中興開山の邦秀という僧は、本山である大梅寺の三世である。
 なお、靭負は、この地を本拠とした武蔵七党児玉党の一支族である竹沢氏が館を置いたところであり、雲龍寺の裏山に祀られている熊野神社の境内には竹沢氏の祖である竹沢二郎行高のものといわれる五輪塔があり、社殿の背後にはその館跡とされる平場がある。この熊野神社は、神仏分離まで雲龍寺持ちであった』
(「小川町の歴史 別編 民俗編」より抜粋)
IMGS3975s.jpg

IMGS3981s.jpg
 薬師堂。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード