下谷神社(松が谷三丁目)

IMGS4613s.jpg
 東京メトロ銀座線稲荷町駅の南西、東京都道463号線浅草通りに北面して鎮座する下谷神社(台東区東上野3-29-8)。
IMGS4622s.jpg
 二の鳥居。
DSCF4884s.jpg
『下谷神社
 台東区東上野三丁目二十九番八号
 天平二年(730)、上野の忍ヶ岡に創建されたと伝えられる。寛永四年(1627)、寛永寺の建立のため山下に移された(現在の岩倉高校あたり)、しかし土地が狭く、延宝八年(1680)に広徳寺前通り(現在の浅草通り)の南側に移る(現在地の近く)。その周囲には武家の屋敷や長屋が建ち並んでいた。
 本社は下谷の鎮守として広く信仰を集め、「下谷稲荷社」・「下谷惣社」などとよばれた。稲荷町という地名も、本社に由来する。江戸時代にには開帳・人形芝居などがおこなわれ、祭礼の時には盛大な行列がみられた。
 「下谷神社」と改称したのは明治五年(1872)である。関東大震災の後、昭和三年(1928)の区画整理により、東南に五十メートルほどの現在地に移る。新築された拝殿には、池之端に住んでいた日本画の巨匠、横山大観により雲竜図の天井画が描かれた(平成十二年、台東区有形文化財)。
 平成十六年三月』

 下谷神社の公式サイトによると、御祭神は大歳神と日本武尊である。
DSCF4882s.jpg
 旧町名由来案内板。
IMGS4627s_201511031827125f5.jpg
 神門。
IMGS4632s_2015110318271110c.jpgIMGS4633s.jpg
 狛犬。
IMGS4635s.jpg
 拝殿。
IMGS4642s_2015110318495189a.jpg
 末社である隆栄稲荷神社の鳥居。
IMGS4650s_20151103184950471.jpg
 二~四の鳥居。
DSCF4888s.jpgDSCF4887s.jpg
 お狐様。
DSCF4891s.jpg
 向かい側には力石と狐塚。
DSCF4894s.jpg
 塚に寄って。
DSCF4901s.jpg
 聖龍華……あとはなんだろう。院かな?
IMGS4662s.jpg
 西の鳥居と神楽殿。
IMGS4671s.jpg
 南の鳥居。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード