稲荷神社(谷中)

IMGS5147s_20151124192756aa5.jpg
 谷中集会所脇に鎮座する谷中稲荷神社(三郷市谷中52-1)。
IMGS5165s_20151124192755e33.jpg
 鳥居の柱には文化九申歳二月初午と刻まれているので、1812年の造立。
IMGS5172s_20151124192754f07.jpg
 拝殿。
IMGS5167s_20151124192753560.jpg
 本殿。
 前部分が張り出しているのは珍しいような気がする。
IMGS5141s.jpg
 後ろから。
IMGS5155s.jpg
 日枝神社と天神社。
 鳥居の柱には「當社草創天正十九歳再ニ建文政十三年」「奉納主里正石井九卋宗右衛門源■政」と刻まれている。■の部分は忠なのか足なのか定なのかよくわからない。当地に土着した初代の石井宗右衛門(または惣右衛門)は源政同と言う名であるようだが、この鳥居を奉納したのは九代目。ググってみても出て来ない。
 日枝神社の台座には「當社草創 天正十九年」「再建 文政十一子年 東武風早荘 八木之谷中邨」、天神社の台座には「草庵寺境内ニ安置ノ処明治八年五月遷座」と刻まれている。天正十九年は1591年、文政十一年は1828年。
IMGS5175s_201511241927514d9.jpg
 諏訪大神、三寶荒神、不明、八大龍王・水神宮、不明。
IMGS5177s.jpg
『抑本町稲荷神社ハ西ニ秀峰富士嶽ヲ望ミ東ニ滔々ト碧水ヲ流ス阪東太郎ヲ背ニ負フ所ニ位置シ其ノ昔延享四年三月大余ノ巨木ノ覆ヒ茂ル現在地ヲ神域ト定メ嚴ニ鎮座マシマシテヨリ轉興亡幾星霜流轉変々トシテ時ハ移ロ歴史ハ変レト靈験モ新タニ氏子ノ信仰ノ的トナリ松籟ヲ神殿ニ響カセツツ家内安全ヲ見守ッテ今日ニ到ッタノデアル
時昭和三十八年ハ九・十月ノ異状渇水ニ依リ東京都民ハ其ノ日ノ飲料水ニモ事缺ク程ノ水飢饉ニ襲ハレ爲メニ都水道局ニ於テハ緊急對策トシテ水量豊ナ中川ヨリ江戸川ニ導水シ金町浄水場ニ送リ都民ノ渇ヲ癒ヤス處置ヲ取リシモノナリ其ノ道水路ガ境内地ニアタリ緑ノ巨木モ伐採サレ境内地ハ削リ取ラレ昔ノ俤今何處トナリ此レヲ機ニ部落ニテハ樹木ノ代リニ周圍ヲブロック塀ニテ圍ミ境内地ノ石垣燈籠其他一切ノ修理改築セシモノナリ
昭和三十九年十二月吉日 石井春吉撰文 沖鶴丹書』

 ググると当社は天正十八年(1590)に石井惣右衛門源政同が勧請したと出て来るから、延享四年(1747)の創建と言うことではなく、その年に当地に遷座して来たと言うことだろうか。
IMGS5152s.jpg
 力石。

 以上で11月21日参拝分終了。
 使用機材はK-5IIsにDA20-40mm、DA15mm、DA70mm。X30。
 飲食店勤務の友人が三郷店に転勤になったと言うので、では行ってみようと思い今回は三郷市の神社巡りをしてみたのだが、店の方は結構混んでいたので寄るのはヤメ。まぁその内にまた行ってみることにしよう。その後は秋葉原まで行き、新刊を購入してから帰宅。ウォーキングカウンターは23,599歩。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード