香取神社(彦沢一丁目)

IMGS5576s.jpg
 彦沢集会所脇に鎮座する香取神社(三郷市彦沢1-63)。
 鳥居の柱には「平成九年六月吉日」と刻まれている。つまり1997年の造立。
IMGS5614s.jpg
 参道左手側に力石。
IMGS5581s_20151213160706ae7.jpg
 参道。
IMGS5604s.jpg
『香取神社並公民館完成記念之碑
埼玉縣武藏國北葛飾郡彦成村大字彦澤字内沼
 村社 香取神社
一、祭神 經津主命、武甕槌命、天児屋根命、比賣神、大日孁貴命
一、由緒 當社ハ元和年間村中協議ヲ以テ下総國香取神社ヲ遷
     シ祭リテ以テ村社ト號ス 其後年数ヲ經過シテ天保
     年中ニ方テ再ヒ本社ヲ創建セシト云フ 明治五年四
     月村社ニ許可 同四十年二月五日同村大字同字同無
     格社神明社ヲ合併
 以上の神社が合祀され外に十一面觀音立像が祀られ氏子一同の厚い守護神として、元和西暦一六一五年江戸時代初期の時代から今日に至るまで氏子の為に守護なされた尊い神様である。氏子の安泰は元より家内安全の為、何人と言えども宮司以外は絶對に御神体に手を俯れてはならぬ、過去に於て尊い人命を失って居る子孫繁栄の為、記念碑にきざみ後世に伝え置く。此様にあらたかな御神体を御祀りし神社も大東亜戦争の終戦を迎えてから米軍に占領され、信仰の自由となり村社に對する崇拜の念益々薄く、遂に屋根瓦は飛白き壁も落ち見るも無惨な神社に変り果てたのである。其の間十数年の間誰一人神社の事に付いては一言も言う者はなかった。たしかに神社どころではなかった其の日其の日の食糧すらない時代であった。そうゆう苦しみの中にやっと明るい灯が見えたのは、昭和二十七年当時に初めて社務所の建設と言う夢の様な話が出た。当時の区長鈴木惣次郎氏宅に於連夜の常会であった。総工費二十七万円、建設資金十三万円、残十四万円を三年拂と言う事で可決され、同年十月十五日には盛大な記念式典が行われた。当時の宮司鈴木重昌総代に、故鈴木明吉、故鈴木親吉、故鈴木惣次郎、故杉𣘺久三郎、故田中瀧藏、鈴木隆吉の各氏、以上の方々の教訓と資料を参考とした先輩達の指導の賜である。この頃から漸く氏子の方々の生活に於て潤いが出来、昭和五十三年頃から修理か新築の声がきこえる様に成って来た。一月十五日の例大祭に総代から此の問題に付いて提案されたが誰一人の発言もなかった。それ以上に茫然としたのは宮司から神社法人としての設立が先決である。それ以来宮司並総代が一丸となり一日も早い登記にと専念、遂に昭和五十四年五月十五日登記の完了となった。前後したが、同年一月十五日の例大祭に同様提案、漸く目出度い座敷に於て神社の新築、公民館も同様新築と決定された。愈々其の行動が開始され総代が七名、建設委員が十名、選出され十七名に依り、一日も早い完成にと夜も徹して打ち込んだのである。資金に付いては裏の山林を売却、神社の建築費とし二阡四百万円(当時米一俵一万六阡四拾円)を着手、続いて公民館代金壱阡七百六拾三万四阡円、其の資金に付いては前回同様三ヶ年拂の寄付と決定したのである。これは元より御神徳に依るものとは言え氏子の方々の並々ならぬ眞心の賜である。翌年昭和五十五年二月二十九日公民館の上棟式、続いて神社と設計施工者の努力に依り順調に進み、同年九月十三日町民あげての盆踊り大会、十四日には落成記念式典が嚴そかに行われた。遷宮祭には宮司三名、稚児百名、氏子総出に依り木の香漂う荘嚴な社殿に奉遷鎮座なされたのである。石原工務店並氏子一同の御苦労に對し髙く評価すべきである。神社庁より御褒めの禮状も当然ながら心暖まる氏子の方々には只々感謝の外ない。どうぞ其の心意気を記念碑に託し、皆様方の御功徳を後世に伝え、生涯忘れる事なく御神徳を得、子孫繁栄の為、強く正しい氏子である事を心から御願い申しあげる。
 昭和五十七年九月十四日』

 御祭神の名を見ると、香取神社と言うよりも春日神社であるような気がしてくる。
IMGS5609s.jpgIMGS5607s.jpg
 狛犬。
 台座には「平成十年十月吉日」と刻まれたプレートが埋め込まれている。
IMGS5602s.jpg
 拝殿。
IMGS5592s_2015121316412968c.jpg
 左は額の文字が流れていてわからないが、ググって見ると稲荷社のようだ。右も額の文字が薄れているが、なんとか水神宮・天神社であることがわかる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード