元三島神社(根岸一丁目)

DSCF5611s.jpg
 JR鶯谷駅の北側に鎮座する元三島神社(台東区根岸1-7-11)。
DSCF5589s.jpg
 鳥居。
 柱には「創建七百年記念」「昭和六十年五月吉日建之」と刻まれている。
DSCF5581s.jpg
『元三島神社御縁起
 当社はご祭神に大山祇命・伊佐那岐命を頂き和足彦命・身島姫命・上津姫命・下津姫命を配祀申すものである。
 例大祭はご祭神勧請の時にちなみ五月十四日十五日とする。(但し現在交通事情により五月第二土曜、日曜とする)
 元三島神社はそもそも第六十二代円融天皇の御代に日本總鎮守の称号を賜り、明治においては國幣大社に列せられ、四国唯一の大社、大山祇神社をご本社に頂くものである。
 当社の由来はご本社大山祇神社のご分霊によるものであり、その源を弘安四年の役に発する。
 すなわち弘安四年(1281)、勇将河野通有、三島水軍を率いて大山祇神社に必勝の祈を捧げて神恩加護を仰ぎ武功赫々として帰国したところ夢の中に神のお告げを得て大山祇明神武蔵国勧請の発願を時に上野山中にあった河野氏の館にご分霊を鎮座申したことに始まったと伝わる。後、室町の代を通じ社運の隆盛いよいよ募り江戸の代に入っては徳川家より社領拝領預かるが慶安三年(1650)三代将軍家光の時金杉村に移転ついで宝永六年(1709)社地幕府御用地となるに及び代替地に浅草小揚町を賜って再び遷座の運びとなる。
 しかるに、代々金杉村に住む氏子住民から氏神様の地元遊離は誠に不都合と赤誠こもる訴えが起こり金杉根岸の村民相寄り協議の末、金杉根岸の地の熊野神社と合祀を図りこえを元三島神社と称し今日に至る。旧社殿は明治四年の再建であるが昭和二十年、戦火で消失以後昭和二十二年造営するも老朽著しく、よって昭和五十一年四月新たに造営落成したもんである』
DSCF5584s.jpg
 元三島神社御造営記念碑。
 記されている内容は鳥居脇の案内板と大体同じ。
DSCF5593s.jpgDSCF5594s.jpg
 狛犬。
DSCF5600s.jpg
 二の鳥居。
 柱には「昭和五拾一年四月一日」と刻まれている。
DSCF5605s.jpg
 拝殿。
 拝殿前はあまり広くないので28mmではつらひ。
DSCF5612s.jpg
「MOTO MISHIMA SHRINE
 This is Shitaya Seven deities of Good Fortune and is dedicated to Ju-rojin who is a God of longevity.」
 下谷七福神であり長寿の神である寿老人が祀られています、と。
DSCF5616s.jpg
 鶯谷食堂の脇、言問通りに面して社号標石が建てられている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード