皆中稲荷神社(百人町一丁目)

IMGS6477s.jpg
 JR山手線新大久保駅のすぐ西側に鎮座する皆中稲荷神社(新宿区百人町1-11-16)。
 鳥居の柱には昭和三十四年九月建之と刻まれている。
 こちらに参拝するのは二年ぶり。前回は正月三が日の内だった為に参拝者が多く、撮影をするのは躊躇われたのだが、今回は一月も下旬となればほぼいないだろうと……思ったよりいるな。
 公式サイト有り
IMGS6508s.jpg
 明治天皇の詠まれた和歌を刻んだ歌碑。
「まがねしく 道のひらけて つつじ見に ゆく人おほし 大久保の里」
IMGS6498s.jpgIMGS6501s.jpg
 お狐さま。
IMGS6488s_20160128210716601.jpg
 拝殿前の鳥居。
 こちらの柱には平成二十五年五月と刻まれている。
IMGS6490s.jpg
 拝殿。
IMGS6494s.jpgIMGS6495s.jpg
 狛犬。
IMGS6491s.jpg
『新宿区登録無形民俗文化財 江戸幕府鉄砲組百人隊行列(出陣の儀)
 所 在 地 新宿区百人町一丁目十一番十六号
 指定年月日 平成十四年二月一日
 皆中稲荷神社の例大祭で隔年(平成は奇数年)に開催される行事で、江戸時代に現在の百人町一帯に屋敷を与えられていた幕府鉄砲組百人隊が、神社に奉納したと伝えられる出陣式を再現したもの。
 当日は、甲冑に身を固めた武将が百人町周辺を隊列行進し、火縄銃を構えた鉄砲隊が、数ケ所で古式にのっとり試射を行う。
 鉄砲組は四組あり(百人町に住んだのは二十五騎組、別称久保組)、通常は交替で江戸城大手三之門を警備した。また、将軍の寛永寺・増上寺・日光東照宮参詣には護衛をした。
 皆中稲荷神社は、鉄砲組から信仰された。ある隊士が稲荷の霊夢により百発百中の腕前に上達したことが起源という。皆中は「みなあたる」の意味がある。
 平成十五年三月』
IMGS6505s_20160128212456d35.jpg
 末社。左から御嶽神社、開運稲荷大神、三峯神社、辨財天社。
 公式サイトには大鳥神社と厄除稲荷神社の名も記されているのだが、どこにあったのだろう。見落としたかな?

 以上で1月23日参拝分終了。使用機材はK-5IIsにDA20-40mm、DA15mm、DA35mm Macro、50-150mm II。X30。
 この後は秋葉原で新刊を購入したりヨドバシAkibaでカメラをいじったりしてから帰宅。ウォーキングカウンターは25,651歩。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード