稲荷神社(中新井)

IMGS7757s.jpg
 大宮花の丘農林公苑の北、天台宗西光寺の隣に鎮座する稲荷神社(上尾市中新井65)。
IMGS7784s.jpg
『稲荷神社御由緒
上尾市中新井65
御縁起(歴史)
 「風土記稿」によると、神仏分離以前の当社は西光寺の境内社として祀られていた。西光寺は天台宗の寺院で、もと西方に寺家山の地にあったが、秀恵という僧が現在地に移して中興したと伝えられる。当社の創建は西光寺の中興以後のことと思われるが、明らかではない。ちなみに、同じ西光寺の境内社であった「牛頭天王」の石祠には「寛政己酉年(1789)六月吉祥日」「中新井村氏子中」と刻まれている。
 元来、当社の本殿は一二〇センチメートル四方に丸太を柱として掘立て、茅で屋根を葺いた形の建物で、氏子は毎年「屋根改い」といってこの屋根の茅を葺き改めるのを例としてきた。太平洋戦争後、社の建物の痛みが激しくなってきたため、小学校で奉安殿として使われていた建物を譲り受け、これを境内に移築して神体を納めた。ところが、間もなく村内に悪い病気が流行し、近くの納屋では夜な夜な狐の鳴き声がするようになった。氏子一同は、これを「稲荷様の祟り」として、神体を元の社殿に戻したところ、病気も治まり、狐の鳴き声もしなくなった。
 その後、小学校から移築した社殿は拝殿とし、本殿は従来通り毎年茅を集めて「屋根改い」を行ってきたが、近年は茅材の収集困難に加え、屋根替えの後継者不足が深刻な状況になってきた。そこで、臨時集会を開いて氏子一同で協議した結果、従来の本殿を廃し、平成三年二月に切妻造平入り瓦葺きの新しい本殿を建立した。
御祭神と御神徳
 倉稲魂命・・・五穀豊穣、商売繁昌
御祭日
 初祭り(一月一日) 初午(三月初午) お日待(十月十五日)』
IMGS7753s_201603291906592d8.jpg
『中新井稲荷神社今昔のあらまし
 当字稲荷神社は正一位宇賀弥稲荷大明神と称す京都伏見稲荷の社霊を勧請し祭祀が始まる創立は江戸時代初期と推定されているが詳ではない作神として崇め毎年地区の安寧と五穀豊穣祈願を三月初午の前日茅葺社の屋根改えをして夜宮を翌日初午祭を三十数戸が二組に分かれて一升飯と云う高盛講の行事を大切に守り今日迄存続させお祝いをして来たのであるが都市化の波と多忙な生活環境及茅材収集作業の困難さと屋根改え労作に挺身する後継者難の今日及び将来を憂慮し臨時総会を開いて協議した結果近代的な社を建設し公民館一堂に会して夜宮をお祝いする運びとなった事を記す
 落慶平成三年二月十日』
IMGS7767s.jpg
 本殿。
IMGS7750s.jpgIMGS7752s.jpg
 お狐さま。
 台座には明治廿戌年一月吉祥日と刻まれているのだが、明治二十年は戌ではなく亥の筈では? ちなみに明治二十年は1887年。戌の場合は明治十九年となり1886年。
IMGS7743s.jpg
 牛頭天王。
 寛政元年六月の造立。
IMGS7734s_20160329195907125.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード