八幡神社(粕川町膳)

IMGS9165s_20160423192029cfc.jpg
 膳城址公園の東300m程の位置に鎮座する八幡神社(前橋市粕川町膳)。
『村社 八幡神社
粕川村大字膳村字八幡鎮座
祭神 誉田別命、大日孁命、火産孁命
   豊受姫命、大国主命、大物主命
   経津主命、須佐之男命、国常立命
   大山祇命、阿夫利命、菅原道真公
   保食命、別雷命
由緒 不詳、古老曰「往古石祠なりしを建久年間鎌倉の執事三善康信社殿を新築し鶴ヶ岡
  八幡宮御分霊を勧請す三善氏滅後大胡高繁崇敬厚く天正十二甲申年社殿を造営し其後
  大破に付寛保元辛酉年前橋型主酒井忠知の命に依り再建に着手し延享元年十月落成す
  現今の社殿是也」と、明治四十四年二月十四日許可本社境内末社六社(琴平宮、菅原
  社、大国社、大山祇社、八幡社、神明社)同村大字中村字中町神明神社(同境内末社
  十三社(稲荷社、愛宕社、大国社、鹿島社、御嶽社、八幡社、雷電社、八坂社、大山
  祇社、琴平社、阿夫利社、赤城社、天神社)を合併せり
境内神社 六社
     稲荷社、白山社、鷺宮社、三峰社、織姫社、春日社
神饌幣帛料供進指定 明治三十九年十二月二十八日
例祭 陰暦八月十五日』
(「粕川村誌」より抜粋)

『群馬縣上野國南勢多郡膳村字八幡一二〇
 村社 八幡神社
一 祭神 譽田別命
祭神追記 大日孁命 豊受姫命 大物主命 別雷尊 大山祇尊 菅原道真公
     須佐之男命 保食命 火産霊命 大国主命 経津主命 国常立命 阿夫利命
一 由緒 古老曰徃古ハ石宮ト申傳候、後チ天正十二甲申年当國赤城社司奈良原紀伊奈祭
    典兼勤仕宮社造営武運長久之祈願仕、其後大破ニ付寛保元辛酉年当國前橋城主酒
    井忠知侯之命ニ依テ本社再建仕、即チ現今之社ニ御㘴候
一 境内末社
 稲荷社  祭神 倉稲魂命
 白山社  祭神 菊理比賣命
 鷺宮社  祭神 八十枉津日命
 三峰社  祭神 日本武命
 織姫社  祭神 織姫命
 春日社  祭神 天兒屋命』
(「上野国神社明細帳」より抜粋)
IMGS9231s.jpg
『當神社記
鎮座往昔由緒不詳■右者傳處建久年間鎌倉問注所執事三
善康信當村善城居定時隺岡八幡宮崇敬有仝社自現在宝物
嵯峨天皇御宸筆成御新号額面請受来右石宮木造本殿改築
譽田別尊息長足姫尊奉祀武門守護神鬼門除八幡宮累代崇
敬爲所也後善氏亡后社殿破損大胡髙廣公是憂天正十二年
六月三日田畑山林二町五段七畝十二歩進納本社脩繕武運
長久祈願爲後領主前橋城主酒井公別段信仰有社司箱田肥
後代酒井忠知公命受本殿改築着手寛保元年起工延享元甲
子十月竣工時東領二十三箇村總鎮守爲現在本殿是也明治
六年十六箇村々社列爲後制度之爲各分離矣
 聖地森嚴長参道 殿宇壮麗映旭已 賽者相謹願霊威
 神徳廣大輝六合     社堂 箱田勝次郎  謹書』
 ■は強の旁部分のみのもので、Unicode 27227。
IMGS9172s.jpg
 拝殿。
IMGS9214s.jpg
 拝殿東面に掛けられた大額。
IMGS9178s.jpg
 白山宮。
 鳥居には昭和四十六年五月吉日と刻まれている。昭和四十六年は1971年。
IMGS9181s.jpg
 正一位稲荷大明神。
 鳥居には寶暦十一辛巳六月吉日と刻まれている。宝暦十一年は1761年。
IMGS9242s_20160423202810777.jpg
 稲荷神社の脇に猿田彦大神と石祠。
IMGS9191s_2016042321045721a.jpgIMGS9201s_20160423210456f59.jpg
 末社群。
IMGS9204s.jpgIMGS9206s.jpg

IMGS9236s.jpg
 山百合の歌碑。
『ところ蔓からめるままにつかみさしぬ
 今朝もらひたる山百合の花
              泰一郎』
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード