八合神社(小泉)

IMGS0162s_201605051647545a4.jpg
 小泉集会所の北隣に鎮座する八合神社(上尾市小泉443)。
 撮影をしている間にも何人もの人がお参りしており、篤く信仰されている事がわかる。
DSCF6348s.jpg
『八合神社 上尾市小泉四四三
 祭神・・・素戔嗚尊、大雷命、菅原道真朝臣
 当社は、古来「氷川社」と称し、『明細帳』には「往古ハ字宮山ニ鎮座アリシカ慶応三丁卯(一八六七)十一月移転ス、其際当国一ノ宮氷川社ヲ分祭勧請ス」とある。これに見える旧地の字宮山は、現在地の南西五〇〇メートルほどの「宮山」あるいは「元氷川」と呼ばれた所で、三井団地の敷地内に当たり、元は一帯が山林であった。
 慶応三年(一八六七)十一月に現在地に遷座移転し、明治六年(一八七三)に村社に列せられた。
 その後、明治四十年に大石村の内の小泉・中分・井戸木・中妻・沖之上(浅間台)・弁財・小敷谷・領家の八大字に点在していた三九社(境内社を入れると六四社)を小泉の村社氷川社に合祀し、社名を「八合神社」と号して成立した。合祀の中心に小泉の氷川社が選ばれた理由としては、小泉が八大字の中央に位置していたことや、小泉に大石村の役場が置かれていたことが挙げられる。また、社名については、八大字の各社の総代が協議して決したとの話が伝えられている。現在、境内にある幟立ては、合祀の際に小敷谷から移されたものである。
 小泉の地は寛文年間(一六六一‐七三)に藤波村から分村したといわれ、藤波村の鎮守が天神氷川八幡合社であることから、このうちの「氷川社」を分村の前後に勧請したものと考えられる。その後現在地に遷座するにあたり、正式に武蔵一宮の大宮氷川神社から分霊を請うたのである。
 鎮座地は「氷川山」と呼ばれ、氏子区内でも一番の高台にある。その社叢は”鎮守の杜”と呼ぶにふさわしい景観をなし、社地を含む一帯は上尾市指定保存樹林として保護されている。また、昭和六十一年には「八合神社と周辺林」が『二十一世紀に残したい埼玉の自然一〇〇選』の一つに選定された』
IMGS0172s_20160505164753b92.jpg
 拝殿。
IMGS0185s.jpg
 末社とか。
IMGS0176s.jpgIMGS0178s_20160505164752b89.jpg
 狛犬。
IMGS0197s_20160505164752cfc.jpg
 本殿。
IMGS0248s.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード