神明神社(向山三丁目)

IMGS0400s_20160506192131937.jpg
 上尾市立鴨川小学校の西200m程の位地に鎮座する神明神社(上尾市向山3-2-6)。
DSCF6371s.jpg
『神明神社 上尾市向山三‐二‐六
 祭神・・・大日霎貴命(天照大御神)
 当社は、旧中山道から西に約一キロメートル離れて鎮座している。
 創建については、当村の庄屋の書き記した草稿を基に、正徳元年(一七一一)に竜谷山知足院(桶川市下日出谷)の密乗沙門盛典が著した「向山神明御縁起」に詳述されている。
 それによると、元禄八年(一六九五)地頭の暴政に困窮していた村民は、地内の祈願所の金蔵院から伊勢神宮を遥拝し、神明の加護を祈願したところ、元禄十一年(一六九八)に地頭の陣屋は召し上げとなった。村民は神恩に感謝し、下賜された旧陣屋御用地の一角に社を建立し、金蔵院に申し入れて、天照大御神を勧請した。
 その後、宝永五年(一七〇八)四月六日の夕刻に雷鳴と共に真鍮の幣束が当地へ飛来し、当社の前の畑に突き刺さった。
 幣束には「貞享三年丙寅(一六八六)廻啓蟄吉祥日江戸堀江町三町目河村多兵衛」の銘があり、その銘に従って尋ねたところ、上総国市原郡牛久村(現千葉県市原市牛久)の神明社に奉納されていたもので、その後、神託があり、当社に飛来したものであることがわかったため、河村多兵衛により奉納された白木の厨子に入れ、本殿に納められた。この幣束は現在も本殿内に納められ、御神体として崇められている。
 別当の金蔵院は、神仏分離後、廃寺となり、当社は明治六年四月に村社に列した。創建当初から数々の霊験を示した当社は「大神宮様」と呼ばれて篤い崇敬を集めている。
 祭礼は正月の歳旦祭、四月六日の例大祭、九月一日の風鎮祭、十月十四日のお日待ちの年四回である。境内社に「春日社」「稲荷社」「八幡社」「石尊社」「白山社」「三峯社」「榛名社」「天王社」を祀る。
 平成二十年(二〇〇八)、幣束飛来三百年を記念して内陣を新調し、飛来した幣束を納め祀っている』
IMGS0423s_20160506192130232.jpg
 拝殿。
IMGS0437s.jpg
 本殿。
IMGS0421s_20160506192128dea.jpg
 力石。
『この力石は、向山地蔵堂近くの路傍にあった。近年土地区画整理が進み墓地整理が施行されるにより、本来の地、神明神社境内へ移動して保存する
 平成12年7月吉日』
IMGS0413s_2016050619212899f.jpg
 祇園牛頭天王。
 側面には寛延元戊辰九月吉祥日と刻まれているので、1748年の造立。
IMGS0409s.jpg
 右側の石祠は文化四卯年(1807)八月造立の榛名社。左側の石祠は何神社なのかはわからないが、文化六巳年(1809)三月の造立。
IMGS0439s_20160506193050196.jpg
 末社群。
 左から春日大明神(文化元子九月吉日)、稲荷大明神(文化二丑二月吉日)、八幡大菩薩(文化元子九月吉日)、石尊大権現(平成五年七月吉日再建)、月山社(文化二丑二月吉日)、不動明王(享和三癸亥年)、三峯社。
 石祠の側面には「願主 了心」とあるのは、当時の金蔵院の住職であろうか。
IMGS0461s_201605061930505ba.jpg
 不動明王の台座には三峯山や牛頭天王の文字が刻まれており、崩れてしまってはいるが他にもいくつかの名が刻まれていた痕跡が見える。
 享和三年ということは1803年なので、これらの末社とほぼ同時期に造られたようだ。
DSCF6392s.jpg
 馬頭観音と青面金剛。
IMGS0477s.jpgIMGS0475s_201605062001167e1.jpgDSCF6389s.jpg
 馬頭観音は享和元辛酉年(1801)、青面金剛は宝暦三癸酉年(1753)十一月の造立。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード