三角稲荷神社(浦和区本太三丁目)

IMGS1633s.jpg
 国道463号線高架下の三角地に鎮座する三角稲荷神社(さいたま市浦和区本太3-27-1)。
 鳥居の柱には「明和七寅歳二月初午」と刻まれているので1770年の建立。また幟枠には「神靈崇萬古」「民福受千秋」「明治二十五歳初午 當所氏子中建之」と刻まれている。
DSCF6573s.jpg
『三角稲荷神社 御由緒
 さいたま市浦和区本太三‐二七‐一
□御縁起(歴史)
 本太の西端に鎮座する当社は、旧本太村の北部一帯に古くから住む石井姓と石塚姓を名乗る両一族が氏神として祀った社である。
 本太村の光膳院光台院には、かつて不動尊、阿弥陀如来、稲荷社の三つの神が祀られていた。本太の西端に鎮座する当社は、村人達がこの神を戴き、本太の三角地に社を建立して、お祀りするようになった。祭神は宇賀御魂神である。
 建立した年は不明であるが、現在ある石造りの鳥居が明和年間に建てられたものなので、それ以前の創建ということになる。また、社名にある「三角」については、境内地が三角形をした土地であったことに由来し、近所の人達からも崇拝されている。
 「風土記稿」本太村の項に、「稲荷社 光台寺持」とあり、江戸期は光台寺が別当を務めていたことがわかる。更に、この光台寺については、同項に「本山修験、中尾村玉林寺の配下、医王山光膳寺と号す、本尊不動、弥陀堂」とある。同寺は明治初期までには廃寺となったようであるが、現在の元町一丁目の石井斉家がその子孫で、「ホウエン(法印)様」の屋号で呼ばれている。なお、同家も当社の氏子である石井一族の一員である。
 本太の旧村社であった本太四丁目に鎮座する氷川神社の「明細帳」によると、無格社であった当社は、明治四十年六月七日に同社に合祀されたことになっているが、昭和九年から二十年の間に同社の「明細帳」から削除され、再び当社の「明細帳」が復活している。ただし、氏子の中では当社が氷川神社に合祀されたことや、復祀したということが実際に行われたことはなかったといわれ、あくまで書類上の操作で行われたことのようである。
□御祭神と御神徳
 倉稲魂命・・・五穀豊穣、商売繁昌
□御祭日
 初午祭(二月初午)』
IMGS1641s_20160606225223165.jpg
 二の鳥居。
IMGS1644s.jpg
 拝殿。
 手前には鳥居の台石が残っている。以前はここにもう一基の鳥居があったのだろうか。
IMGS1647s_20160606225222bdd.jpg
 力石。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード