小坂子八幡神社(小坂子町)

IMGS1817s_20160608225245f01.jpg
 芳賀団地の東側に鎮座する小坂子八幡神社(前橋市小坂子町598-1)。
 鳥居は大正十年(1921)四月の建立。

『群馬縣管下上野國南勢多郡小阪子村字西新井 村社 八幡神社
祭神 譽田別尊
   素盞嗚命 大山祇命 伊弉冊命 速玉男命 事解男命 建御名方命
   菅原道真公 大國主命 火産靈命 大物主命 大日孁命
由緒 不詳 明治四十年六月六日許可、本社境内末社八坂神社、大山祇神社、仝境内末社
  二社、若宮八幡宮及同大字無格社熊野神社、無格社諏訪神社、無格社菅原神社、無格
  社愛宕神社、同境内末社一社、無格社神明宮ヲ合併、同時ニ村社八幡神社ト改称シタ
  リ
   明治四十三年十二月廿三日明治三十九年勅令第九十六號ニ依リ神饌幣帛料供進神社
  トシテ指定セラル
境内末社 三社
 厳島神社   祭神 市杵嶋姫命
 猿田彦神社  祭神 猿田彦命
 大雷神社   祭神 大雷命』
(「上野国神社明細帳」より抜粋)

『小坂子の字西新井に鎮座する。祭神は誉田別尊・伊弉冊之命・速玉男命・事解男命・建御名方命・菅原道真公・火産霊神・大日るめの尊である。明治四十年、字岩ノ下熊野神社、字諏訪前諏訪神社、字下中川菅原神社、字霞皆戸愛宕神社、字向原神明宮を合祀して村社八幡神社とした。境内には厳島神社・八坂神社・大山祇神社・猿田彦神・若宮八幡宮・大雷神社・八千矛神社・琴平宮の石宮が末社となっている』
(「芳賀村誌・芳賀の町誌」より抜粋)
IMGS1928s_20160608225245b94.jpg
 拝殿。
IMGS1919s_201606082251231f5.jpg IMGS1923s_20160608225124135.jpg
 手水舎。
 猫が水を飲んでいた。人に馴れているようで、めっさ擦り寄って来る子もいたが、ごめんよー、エサ持ってないのよー。
IMGS1910s.jpg IMGS1911s.jpg
 狛犬。
 台座には「大正十一年」「壬戌二月四日」と刻まれているので1922年の造立。
IMGS1841s_201606082252449a8.jpg
『八幡宮ご案内
小坂子町字西新井に鎮座する祭神は、誉田別尊外十二神である、外に明治四十年六月村内の字岩の下から熊野神社字諏訪前から諏訪神社字下中川の菅原神社字霞皆戸から愛宕神社字向原の神明宮をここに移して合併した。
戦後、スポーツ広場に利用するため、社前東南にあった神楽殿を社務所の隣りに移動した。境内には樹齢三百年の赤松の外、黒松の大樹が多く繁茂していたが、台風や松食い虫によって、ここ十年ほどの間に消滅し、今は、根株を残すのみである。神社は、近隣住民の初詣など繁昌を極めている。神社の創立、由緒などは村に伝わる古文書類の戦災による焼失によって不詳であるが宝物の太刀二振と神鏡三面は残され別保管されている。例大祭は四月十五日と十月十五日である。
平成元年十月十五日』
IMGS1935s_201606082252432a2.jpg
 ちょっと引いて。
IMGS1873s.jpg
 本殿。
IMGS1879s_20160608232915835.jpg
 斜め後ろから。
IMGS1840s.jpg
 社殿屋根修復記念碑。
『社殿屋根修復の経緯
 大正二年に大がかりな改修を行った八幡神社は、これまで補修等の維持管理を行ってきたものの、長年の経過から社殿等に傷みが発生。全体に老朽化が進んでいることから、近年、大きな懸案となっていた。
 こうした事態を解消するため、平成二十年四月、氏子総代から町総会で神社の屋根修復について提案があり、二十一年九月、町内の有識者で委員会を構成、屋根修復工事計画を策定し翌年四月の町総会に提案、この計画が了承された。
 その後、工事の円滑化を図るため評議員や幹事等を新たに委員に加え、弱体であった推進組織を強化、工事の障害となる樹木の伐採等を進める一方、浄財の確保に努めた。この結果、町民や篤志家等から多大な浄財が寄せられ、これに神社の拠出金等を加えた総額は壱千弐百万円に達し、懸案であった社殿や便所等の工事が完成した』
IMGS1874s_201606090010010b7.jpg IMGS1853s.jpg
 社殿東側の末社群。
 左端の石塔には歸眞…怪? 惶? 三文字目がよくわからないが、まぁそんな感じの文字が刻まれている。なんだろうこれ。その右側の石塔には「諏訪明神 南無妙法蓮華経 荻原りやう建之」とあり、その右隣の石祠は冨士嶽大神。残りの五基の石祠はいずれも不明。その奥は赤城大明神。右端は御嶽山座王大権現。
IMGS1878s_20160609003833e18.jpg
 末社。
IMGS1900s_20160609003831f68.jpg
 社殿西側の末社群。
 右端は城峯神社。他は不明。
IMGS1884s.jpg
 裏参道から。
IMGS1893s_2016060900442423a.jpg IMGS1894s_20160609003831a92.jpg
 裏参道入り口には「八幡宮と小坂子城跡」と書かれた案内標が建てられている。
IMGS1941s_201606090044231cb.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード