八幡社(富士見町石井)

IMGS2850s.jpg
 前橋市立石井小学校の西130m程の位置に鎮座する八幡社(前橋市富士見町石井209)。

『富士見村大字石井字下小原目に鎮座し、祭神は誉田別命、建御名方命、大物主命、岐神、市杵島姫命、菅原道真、天照皇太神、伊弉冊命、事解主命、屋加須利神、火産霊命、猿田彦命、速玉之男命、久那斗神、大雷命、柿本人丸、木花咲耶姫命である。宮司は塩原行雄、例祭は十月十五日である。その由緒は明かでないが、昭和二十三年に許可を得て大洞の赤城神社より分離して現在地に鎮座した。なお、境内末社として諏訪神社、八坂神社、白河神社、菅原神社、三島神社、堰神社、神明社、塞神社、三峯神社、阿夫利神社、秋葉神社、琴平神社、山神社、浅間神社、地神社、稲荷神社、猿田彦神社の十七社がある』
(「富士見村誌」より抜粋)
IMGS2858s_2016062319361407d.jpg
 庚申塔。
IMGS2861s.jpg
 鳥居。
 額束の裏側に「享和三癸亥七月吉日」と刻まれているので、1803年に建てられたものなのだろう。
IMGS2868s.jpg
 「明治三十四年」「當村氏子中」と大きく記された幟枠の手前には小さな神橋が架けられている。
IMGS2879s.jpg
 拝殿。
IMGS2891s_20160623193612d47.jpg
 本殿。
IMGS2946s_2016062320131222b.jpg
 駐車場は無さそうだったので石井一区住民センターに車を置いて歩いて来たのだが、神社南側に小原目浄水場前を抜けて境内まで通じている道があった。
IMGS2895s_2016062320131270e.jpg
 末社。
IMGS2912s_201606232016096d3.jpg IMGS2908s.jpg
 本殿南側の末社群。六基の石祠の右側に出羽三山塔と道祖神。
 出羽三山塔には「文化十四丁丑歳 仲冬大吉祥日」、道祖神には「安永四未霜月」と刻まれている。文化十四年は1817年で安永四年は1775年。
IMGS2921s_20160623201608779.jpg IMGS2925s_201606232016070d0.jpg
 本殿裏の末社群。石祠六基と三峯神社。
IMGS2945s_20160623205038c51.jpg
 末社群。
 左から四基目の石祠の額には「富士山」、石灯籠の竿部には「奉納日天宮」と刻まれている。

 この後は400m程南下した所にある三嶋大明神へと向かったのだが……うぅむ、困ったな。確かにそれらしき石祠は見えるのだが、どこから入ればいいのかわからないし、私有地内に有るようにも見える。よし、パスしよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード