蚕神社(吉岡町北下)

IMGS4564s_20160816150146490.jpg
 北下北部公民館の北側に鎮座する蚕神社(北群馬郡吉岡町北下1071-2
『蚕神社の石碑 ぐんま絹遺産登録記念碑
 ぐんま絹遺産登録番号第23-55号
 平成二十四年二月六日
 蚕神社の石碑がぐんま絹遺産として登録された事を記念する
蚕神社のいわれ
 蚕神社という石神は馬場三太夫重久が生前屋敷内に板宮を建て蚕、蛾の老廃したのを集めて祭った名残であって現在の石碑の台石が当時の板宮の台石だといわれ、馬場一族ではこの蚕神社のお札を出して、参拝する養蚕家にわけていました。
 平成二十五年五月吉日』
IMGS4575s_201608161501454a4.jpg
 蚕神社と刻まれた石碑と石祠。
 石碑には「正徳二年壬辰十一月 三太夫重久建之」と刻まれている。正徳二年は1712年。馬場重久が「蚕養育手鑑」を出版したのもこの年である。
IMGS4576s.jpg
 石祠がいくつか並んでいるが、詳細は不明。
IMGS4582s.jpg
 三界万霊塔。
 葉に隠れて見え難いが、天明年間の造立。
IMGS4586s_20160816150143f16.jpg
 道祖神。
 右側の石仏は首から下が地中に埋まっているのか、或いは破損してそこしか残っていないのか。
IMGS4581s.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード