神明宮(池端町)

IMGS4943s.jpg
 池端町公民館の北側に鎮座する神明宮(前橋市池端町157)。
IMGS4958s.jpg
『神明宮
 この神明宮の祭神は、天照大神・別名大日霎貴命で、勧請年月日は不詳だが、上野国神名帳に従五位池岸明神の記録があり、これが池端神明宮ではないかと伝えられている。
 明治六年正一位小出神社、祭神経津主命を合併した。
 明治四十二年拝殿を新築し、平成七年本殿の一部を改修している。
 現在境内には次の末社がある。
        勧請年    祭神
秋葉大権現 天保六年   火之迦具土神
衣笠大神  明治三十一年 宇迦御魂神
八坂神社  明治三十二年 須佐之男命
 平成十年一月一日     氏子総代』

 「上野国神社明細帳」によると、境内社は小出社(経津主命)、雷電社(健御雷神)、琴平宮(大物主命)、八坂社(素盞嗚命)、菅原社(菅原道真公)、疱瘡社(健速須佐之男命)、大國主社(大國御魂命)、三峯社(倭建命)、榛名社(埴山姫命)の計九社あるとのことだが、現在どれがどの神社であるのかわかるのが上記の三社と言うことなのだろうか。
IMGS4950s.jpg
 末社。左から不明、猿田比古神、双体道祖神、八坂神社。
 八坂神社の石祠の側面には「明治丗二歳芬七月吉日」と刻まれている。明治三十二年は1899年。左端の石祠は何神社は何を祀っているのかはわからないが、石祠の前面に「歸峯 木山執檢 大僧都行滿㳒印 尊」らしき文字が刻まれている。
IMGS4962s_201608171424450de.jpg
 参道と拝殿。
 社殿は清里3号墳と呼ばれる円墳の頂に建てられている。
IMGS4994s_2016081714254754f.jpg IMGS4996s.jpg
 石段の両脇に並べられた末社群。
 幸神の隣の石祠には「金毘羅大権現」と刻まれているので琴平宮であるとわかるが、他の石祠は不明。
IMGS5009s.jpg
 本殿。
IMGS5010s.jpg
 その脇に小出神社跡。
IMGS4981s.jpg
 秋葉大権現。
 側面には「天保六年歳在乙未十一月良辰 葛西静壽謹書」と刻まれている。天保六年は1835年。
IMGS4986s.jpg IMGS4988.jpg
 庚申堂。
 横のコンクリート壁には「池端町108番地北原賢宅前より移祭す 平成十一年四月吉日」と刻まれたプレートが埋め込まれている。
IMGS4990s.jpg IMGS4991s.jpg
 堂の左右に並べられた庚申塔群。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード