神明氷川神社(弥生町四丁目)

IMGS5421s.jpg
 中野神明小学校の南隣に鎮座する神明氷川神社(中野区弥生町4-27-30)。
 以前参拝した藤神稲荷神社はこちらの神社の境外末社である。
IMGS5431s.jpg
『至誠
当社は文明元年太田道灌が江戸城鎮護のため武蔵大宮氷川神社の神霊を勧請
分祀したものと伝えられ 徳川幕府開設の後は専ら当地区の鎮守として長く
町民の崇敬する所であった 然るに昭和二十年五月二十五日戦火によって社
殿と共に民家悉く灰燼に帰し 四野廃蕪 人心荒涼 ややもすれば敬神報賽
の念を失わんとする有様となった 茲に氏子一同焦土の中に蹶起し 先づ仮
本殿を造営し、各々家業に精励して年と共に本地区の復興繁栄を見るに至っ
た 仍て昭和二十七年御造営奉賛会を結成し 会長伊藤金左衛門理事長神田
勘十郎以下役員及び氏子一同の協力を以て鋭意事に当り 漸次工を進めて完
成を遂げ 昭和三十三年九月御遷座の盛典を挙げた 社殿荘厳 神域清浄
まことに奉賛会会員の至誠を象徴するものである そもそも奉祀の根原は共
同の神を祭って互に親和し 協力一致家業にいそしみ 以て相互の繁栄を願
うにある 今この神域内に中野区南部公会堂の設けられたるは最もその意に
適うものであり 本地区永遠の繁栄を卜するものと云うべきである
  まこころをこめて祭れるうふすなの氷川の水のたえむ世あらめや
 昭和三十四年九月  題字 明治神宮宮司從二位勲一等 甘露寺受長
           撰文 從三位勲三等 文学博士  玉井幸助
           謹書 明治神宮 禰宜      高澤信一郎』
IMGS5434s_20161012213832866.jpg
 参道左手側に宗像神社・大国魂神社。
 宗像神社の御祭神は市杵島姫命・多岐津姫命・多紀理姫命。大国魂神社の御祭神は大国魂大神。
 また、この時はまったく気付かなかったのだが、右端に写っているコンクリートに石を混ぜたような塊は三光麟神社であるのだそうだ。まるで気にしていなかったのでまともに写っているものが一枚も無い○刀乙
IMGS5485s_201610122138322c5.jpg
 拝殿。
 素盞嗚命を主祭神とし、櫛稲田姫命、大日孁貴命、事代主命、大山祗命の四柱を配祀神としている。
IMGS5447s.jpg
 狛犬の台座に刻まれた碑文。
『記念事業碑
当氷川神社は、文明元年、太田道灌が武蔵大宮氷川神社より勧請奉祀したものと伝えられ、本年はちょうど五百年目に当ります。
時あたかも明治百年を迎え、茲に氏子一同敬神報賽の誠をもって「氷川神社祭神ご鎮座五百年、明治百年両記念事業」として、参集殿兼社務所の造営及び狛犬の建設を協議決定し、芽出度く完成致しました。
この記念事業の大儀に奉仕した総代、世話人をはじめ高額奉納者の功績を後世に遺す為、その氏名を次に列記しました。
 昭和四十三年十月吉日
  氷川神社宮司 真壁恵愛
  仝・総代会長 神田勘十郎
          戸村二郎書』
IMGS5449s_201610122158349e8.jpg
 津島神社。
 牛頭天王・稲荷大神・宇賀大神の三柱が合祀されている。
IMGS5454s_201610122158332fc.jpg IMGS5455s.jpg
 狛犬。
IMGS5470s.jpg
 御嶽山神社。
 御祭神は櫛眞知大神。
IMGS5474s_201610122158316ca.jpg
 神楽殿。
IMGS5476s.jpg
 伊藤金㔫エ門翁之像。
 誰ですかねこの人。ググってみても同名の戦国武将しかHitせんのだが。地元の名士とかそういった人かな。
IMGS5479s_201610122158316e3.jpg
 南の鳥居。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード