水神社(増田新田)

IMGS6035s.jpg
 アピタ岩槻店の300m程北に鎮座する水神社(春日部市増田新田3-1)。
IMGS6037s.jpg
 参道脇には日月浅間大神と青面金剛、俸の文字だけが残った石塔が並んでいる。
IMGS6043s_20161024225733b12.jpg
 鳥居の柱には「昭和四一年 鳶 小島」と刻まれている。
IMGS6050s.jpg
 拝殿。

 11月20日追記。
 「内牧・幸松・豊野・武里地区の伝説〈春日部市郷土資料館〉」に記されている「増田新田水神社の謂れ」によると、宝永三年(1706)、岩槻藩主小笠原長重より大場沼の埋め立てを命じられた増田彦右衛門は人を集め工事に着手するが、突如として沼の水面が波立ち地面も激しく揺れだした為、人々は恐れ慄き工事がままならぬ有様となってしまった。これを聞いた小笠原佐渡守は沼の神の怒りであると思い、自ら沼に赴いて祈りを捧げると沼は鎮まり再び工事に取り掛かれるようになった。こうして沼の埋め立ては完了し無事田圃にすることができたので、神への感謝を捧げる為にこの水神社を建立することにした、と言うことだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード