山王日枝社(梅田三丁目)

IMGS7236s.jpg
 国道16号線を挟んでコジマ×ビックカメラ 春日部店の北側、山王公園端に鎮座する山王日枝社(春日部市梅田3-199)。
 鳥居の台石には「昭和二十八年七月吉日」と刻まれている。昭和二十八年は1953年だから63年前か。
IMGS7243s.jpg
 拝殿。
DSCF7590s.jpg
『山王日枝社の由来
 この日枝社は謡曲「隅田川」で有名な梅若丸が人買いにさらわれこの地であわれ息絶えたと言う悲しい伝説の土地であります。
 村人たちは、このあわれな梅若丸のために小さな祠を作り、梅若山王権現として千有余年の間お護りして参りました。
 境内には六百余年をこえる有名な松の大木がありましたが、昭和五十五年に枯死し、そのあとに松の若木が植えられています。
 文化六年今より百八十六年前に社が作られ何度か修理を重ねてまいりましたが、昭和四十二年に神社の基金と氏子の寄付により立派に改築されました。
 これを記念して末永く後世に伝え保存して行きたいと思います。
 平成六年十月吉日』
IMGS7253s.jpg
 裏手に回ると……んー、以前はここに何かあったのかな。
IMGS7250s.jpg
 末社。
 山王大権現と書かれた木札が打ちつけられているので、こちらも日枝神社なのだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード