備後香取神社(備後東一丁目)

IMGS7937s.jpg
 東武伊勢崎線一ノ割駅の南東250m程、浄土宗真福寺の隣に鎮座する備後香取神社(春日部市備後東1-27-17)。
 鳥居の柱には「昭和三年二月吉日」と刻まれている。
IMGS7944s_201611172121450b0.jpg
『備後香取神社由緒略記
■ 御祭神
 経津主神  (香取さま)
 宇迦之御魂神(稲荷さま)
■ 祭礼日
 例祭    四月十五日
 お日待   十月十五日
 新穀感謝祭 十二月八日
■ 由緒
 当社の鎮座する備後は、春日部市の南部に位置し、東端には古利根川が流れその自然堤防が広がっている。また、この周辺は西川と呼ばれているが、これは江戸期まで、当社の裏を古利根川が流れていたことに由来する。
 創建は、文明年間(一四六九~八七)との言い伝えがある。往古、当時上中下三組の鎮守であったが、明和年間(一七六九~七二)に下組は雷電社を奉祀して分離する。また【風土記稿】に「香取社 村の鎮守 真福寺持」と記され、江戸期には隣接する真福寺が別当を務めていたことがわかる。その後、明治四十五年に、大字備後字大道東の稲荷神社を合祀し現在に至る。
 御祭神の香取さまは、強い心を育み運勢を開く神さまで、地域の方々の家内安全を守り、また稲荷さまは、豊作・商売繁盛の神さまとして厚い崇敬をうけています。
 平成十年十二月吉日』
IMGS7942s.jpg
 拝殿。
IMGS7946s_2016111721214765c.jpg
 斜めから。
IMGS7966s.jpg
 本殿。
IMGS7975s_20161117212909a1f.jpg
 厳島神社。
 鳥居の柱には「昭和三年二月吉日」と刻まれている。
IMGS7976s.jpg
 中には宇賀辨財天の像が納められている。
IMGS7952s_20161117212907e0b.jpg
 富士塚。
IMGS7965s.jpg IMGS7959s_201611172142045f1.jpg
 塚の頂には浅間神社があり、その奥に浅間大神。

IMGS7989s.jpg IMGS7993s_20161117215652abb.jpg
 お隣の真福寺。
IMGS7918s.jpg
 香取神社南側の十字路脇に鎮座する丸彫庚申塔(春日部市備後東1-23)。
IMGS7921s.jpg
 案内板。
IMGS7928s_20161117215734f7e.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード