乃木神社(赤坂八丁目)

IMGS8606s.jpg
 大日本帝国陸軍大将乃木希典を祀る乃木神社(港区赤坂8-11-27)。公式サイト有り。
 鳥居の傍には東京メトロ千代田線乃木坂駅1番出入口がある。
IMGS8612s_20161206204530b2f.jpg IMGS8613s_20161206204530fc3.jpg
 狛犬。
IMGS8620s_20161206204528403.jpg
 境内案内図。
IMGS8655s.jpg
 二の鳥居。
 この時は結婚式が行われていたり団体参拝客が二組あったりで結構な数の人が来ていたが、少し待っていればそれなりに数も減ってくる。普段の神社巡りではこんなに人を見ないのでちょっと落ち着かない気分。
IMGS8651s_201612062135405e6.jpg IMGS8652s.jpg
 狛犬。
IMGS8667s_20161206213537e7b.jpg
 拝殿。
IMGS8671s_20161206213535585.jpg
 教育の碑。
『明治天皇御製
   教 育
 いさをある人を
   をしえの親にして
 おほしたてなむ
   やまとなでしこ

 明治四十年一月に御祭神乃木将軍が学習院院長に任命された頃に生徒心得の為に明治天皇より賜った御製であります 乃木将軍のような国家に勲功のある立派な人を学習院院長にして 大切な皇国の未来を担う子弟の教育に當らせたいという明治天皇のお気持ちがこめられています
 この碑は当時の御歌所所長 高崎正風氏が謹書したものを刻んだものであります』
IMGS8668s_201612062151257a8.jpg
 ナンダモンダ(菊面石)。
IMGS8649s.jpg
 さざれ石。
IMGS8647s.jpg
 正松神社の鳥居と社号標石、案内板。
『境内摂社 正松神社
昭和三十八年一月二十二日鎮座
御祭神 玉木文之進正韞命
    吉田矩方松陰命
御鎮座の由来
 玉木文之進先生は 幕末維新に際し多くの偉人傑士を輩出した長州萩の学者であり 松下村塾の開祖であり 吉田松陰先生は 玉木先生の甥に當り その村塾を受継いで幾多の國士を養成せられた大教育者であり 國事に仆れた烈士であります 乃木将軍は松陰先生の弟弟子として玉木先生に薫陶せられ 又松陰先生を深く敬い 之が人格形成の基になったものと拝察致します 依て乃木神社戦災復興竣成を機に萩の松陰神社より二柱の御分霊を請受け 境内に鎮祭した縁の神社であります』
IMGS8645s_201612062151225d8.jpg
 正松神社。
IMGS8632s.jpg
 赤坂王子稲荷神社の鳥居と社号標石、案内板。
『境内末社 赤坂王子稲荷神社
昭和三十七年十二月二十二日鎮座
御祭神 宇迦之御魂神 宇気母智神
    和久産巣日神
御鎮座の由来
當神社は乃木将軍御夫妻又御両親崇敬特に篤く 月詣りまでせられた北区王子に鎮座の王子稲荷神社を乃木神社戦災復興竣成を機に勧請した縁の神社であります』
IMGS8636s.jpg
 赤坂王子稲荷神社。
IMGS8625s_2016120621565797e.jpg
『乃木神社之碑
中央乃木會理事陸軍大将従二位勲一等功二級一戸兵衛題額
大正元年九月十三日夜 明治天皇ノ靈轜宮城ヨリ青山練兵場内葬場殿ニ
遷御アラセラル此夜八時乃木大將夫妻赤坂區新坂町自邸ニ於テ自刃ス蓋
シ大將ハ 天皇ニ殉シ奉リ夫人ハ大將ニ殉セルナリ翌朝凶報傳ハルヤ中
外ヲ擧ケテ其忠烈貞節ニ感動セサルハ莫カリキ予時ニ東京市長ノ職ニ在
リ大將夫妻ノ忠誠ヲ不朽ニ傳ヘント欲シ有志ト謀リテ乃木會ヲ起シ大將
邸宅ヲ保存シ且地域ヲ擴メ城内ニ社殿ヲ造營シ大將夫妻ノ靈ヲ祀ルノ議
ヲ決ス事畏クモ 天聽ニ達シ内帑若干ヲ下シ賜フ東京市率先シテ資ヲ捐
シ三井岩崎鈴木古河住友安田藤田森村澁澤木戸等諸家及全國篤志者相競
ヒテ之ニ效フ大正十一年八月十日内務省技師大江新太郎氏ノ設計監督ノ
下ニ起工シ翌年十一月一日本殿工先ツ成リ鎮座祭ヲ行フ殘工事ハ資ノ集
マルニ隨ヒテ續行シ今ヤ豫定ノ工事大略竣工ス東京市カ隣地ニ經營セル
乃木公園亦完成シ繞ラスニ江戸城虎門枡形ノ巨石ヲ以テシ本社及乃木邸
ト共ニ市内ノ名跡トナル本社ハ参拜者日ニ踵ヲ接シ祭日ニハ殊ニ雜沓シ
神威年ト共ニ赫赫タルヲ覺ユ本會創立以來經營ノ責ニ任シタル關係ニ依
リ茲ニ概要ヲ録シテ後ニ垂ルト云爾
昭和六年五月
   中央乃木會長正三位勲一等法學博士男爵阪谷芳郎謹撰
                従六位勲六等林經明謹書』
IMGS8627s_20161206215656268.jpg
『乃木神社復興之記
昭和二十年五月二十五日大東亞戰争ノ厄ニ罹リ本殿ヲ始メ社殿焼失直チニ之カ復
興ヲ誓ヒ昭和二十三年一月十三日川島康資氏ノ一建立ニ依リ先ツ假本殿復興昭和
二十六年十月一日小林古径畫伯ヲ始メトスル四十一畫伯丹青ヲ奉獻セラレ又古田
寛悟氏始メ多クノ人ヨリ屋瓦ヲ奉納コレ等崇敬ノ至誠ニ基ツキ儀式殿ノ完成ヲ見
茲ニ甫メテ神前結婚式ヲ斎行セリ昭和二十九年五月一日鈴木一光氏ト古田寛悟氏
トノ盡力ニ依リ茶席忘筌完成昭和三十七年九月十三日乃木神社崇敬會長佐々木義
彦氏他諸氏ノ盡力ト建設ヲ請負ハレシ竹中藤右衛門氏ノ赤誠ノ結果本殿幣殿拝殿
等完成續イテ摂社正松神社末社赤坂王子稻荷神社ヲ勸請シテ昭和四十三年二月境
内ニ接續スル社有地ニ乃木會館ヲ設立シ以テ永年所期ノ目的ヲ完遂スルヲ得タリ
社殿及ヒ會館ノ建築設計ハ總テ工學博士大江宏氏ノ祭神崇敬ノ至誠ニ就レルモノ
ナリ
昭和五十三年六月
   乃木神社宮司 高山 貴 謹記
   責任役員江南 桑原通雄 謹筆』
IMGS8709s.jpg
 旧乃木邸。
IMGS8698s.jpg
『東京都港区指定文化財 有形文化財 旧乃木邸及び馬小屋
 旧乃木邸は、明治三十五年(一九〇二)に新築されたもので、乃木希典大将夫妻が大正元年(一九一二)九月十三日、明治天皇御大葬の日、明治天皇に従って殉死するまでここに住んでいた。将軍が、ドイツ留学中に見たフランス軍隊の建物を模範にして建てたというもので、明治期の洋風建築が接客を目的とする豪華な建物か、和風住宅に洋風の応接室を付属させたものが多いのに比べこの邸宅は、軍人の家らしく、飾り気がなく簡素で合理的に作られている。建坪は一六八㎡、木造平屋建、日本瓦葺で、傾斜地を巧みに利用し、建物全体に半地下構造をもつ。
 馬小屋は、平屋建、日本瓦葺で、邸宅が新築される以前、明治二十二年(一八八九)に建てられた。間口約十二・五m、奥行約四・五mの細長い建物には、四つに区画された馬房や、馬糧庫等がある。住居が木造であるのに対し、馬小屋が煉瓦造で立派だ、という評判のあったもので、馬をかわいがり大切にした大将の人柄が偲ばれる。
 昭和六十二年十月二十八日』
IMGS8680s.jpg
『乃木大将と辻占売少年像
 今に伝えられる「乃木大将と辻占売少年」の話は、明治二十四年、乃木希典が陸軍少将の時代、用務で金沢を訪れた折りのことです。希典は金沢で偶然、当時八歳の今越清三郎少年に出会います。今越少年は、辻占売りを営みながら一家の生計を支えていました。この姿に感銘を受けた希典は、少年を励まし、金弐円を手渡しました。今越少年はこの恩を忘れることなく、努力を重ね、金箔業の世界で大きな実績を積み上げました。
 この銅像は、こうした乃木希典の人となりを伝えるものとして、昭和四十三年に旧ニッカ池(六本木六丁目)の縁に造立されましたが、このたび旧ニッカ池周辺が整備されることとなり、希典所縁のこの地に移建されました。
 平成十三年九月』
IMGS8688s_20161206220429e7f.jpg
 乃木家祖霊舎。

 この後はX30を修理に出す為、東京ミッドタウン内のフジフイルム スクエアに行き二階のサービスセンターへ。受付の方がわりと美人な眼鏡さんだったので内心ひゃっほい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード