浅間神社(平方)

IMGS9185s.jpg
 平方公園の西側に鎮座する浅間神社(越谷市平方3604)。
 鳥居の柱には「平成二十八年三月吉日」と刻まれているので、今年新築されたばかりであるようだ。
IMGS9187s.jpg
『浅間神社 御由緒
 越谷市平方三六〇四
□ 御縁起(歴史)
 越谷市の北端に位置する平方は、その名が示す通り、北と東を大落古利根川、西を利根川旧河道跡(会の川)に囲まれた平坦な地である。
 この平方の地内には、当社のほかに香取神社(二社)・女帝神社・鹿島神社・稲荷神社などの諸社や、呑竜上人を中興開山とする浄土宗の林西寺などの寺院がある。村の開発の年代は明らかでないが、林西寺に宛てた天正十九年(一五九一)の徳川家康朱印状には「武蔵国崎西郡平方郷」と見え、寛永十九年(一六四二)の徳川家光朱印状には「武蔵国崎西郡平方村」とある。
 当社は平方の鎮守とされ、そのほぼ中央に位置し、社殿は小丘の上に建立されている。浅間山と呼ばれるこの小丘は、かつて古墳ではないかということで県によって調査がなされたが、なにも出土せず、古墳ではないことが確認された。したがって、この小丘は、時代は定かではないが、当社を勧請する際に築造されたものと推測される。なお、かつてはこの小丘はもう少し低いものであったが、大正八年に社殿再建を行った際に、氏子が周囲の土を盛って一メートルほど高くしたという。
 『風土記稿』には「浅間社 崇源寺持」とあり、林西寺の末寺の崇源寺が別当であったことがわかる。同寺の中興開山の円誉は元和二年(一六一六)に没している。明治初年の神仏分離により別当から離れた当社は、明治四年に村社となった。
□ 御祭神・・・木花開耶姫神
□ 御祭日
 ・祭礼(六月三十日) ・新穀感謝祭(十二月第三日曜日)』
IMGS9198s.jpg
 拝殿。
IMGP5123s.jpg
 小御岳石尊大権現。
IMGS9193s.jpg
 石鳥居供養塔。
IMGS9175s_20161213204010b5e.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード