高崎神社(赤坂町)

IMGS9709s.jpg
 群馬県道29号あら町下室田線堰代町交差点傍に鎮座する高崎神社(高崎市赤坂町94)。
 公式サイト有り。
IMGS9765s_20161220194414ebd.jpg IMGS9766s.jpg
 狛犬。
IMGS9721s_20161220194412c0e.jpg
 拝殿。
IMGS9780s.jpg

IMGS9770s.jpg
 高崎市指定重要文化財である鰐口の案内板。
IMGS9755s_20161220202739f7b.jpg
 美保大國神社。
IMGS9730s_20161220202737edd.jpg IMGS9735s_20161220202736930.jpg
 大国主神と事代主神。
DSCF7040s.jpg
『美保大國神社由来記
御祭神 事代主神(えびす様)
      本社 旧国幣中社美保神社
         島根県八束郡美保関町美保関
    大國主神(だいこく様)
      本社 旧官幣大社出雲大社
         島根県簸川郡大社町宮内
 高崎美保大國神社の創祀は、昭和初期にさかのぼります。昭和二年に始まる世界的大不況のなかに我が国の経済は疲弊し、商工業は不振をきわめ、倒産が相次ぎました。その際、高崎の商工業者の間に美保神社の御祭神事代主神の御分霊を迎えて、商工業の信仰をはかりたいという計画が立てられ、当時の高崎市長及び商工業者の努力に依り、昭和四年九月二十二日美保神社の御分霊をいただき、既にお祭りしていた大國主神と共に、奉斉式を行ったのが当神社の始まりであります。以来毎年十一月十九日、二十日の両日を(近年は十一月第四土曜日、日曜日に変更)大祭日と定め、氏子、崇敬者をはじめ参拝者の家内安全、商売繁昌、五穀豊穣、交通安全、良縁結び等を祈願し、今日の隆盛をみるに至っております。特に当神社の恵比寿講祭は有名で、その賑わいは関東全域に広く知れ渡っております。
 恵比寿様、大國様の二神は福徳円満な神様で、農業商工業をはじめ、あらゆる生業及び学芸向上、交通安全をお守りくださる福神様として、最も敬い親しまれている御神徳の高い神様であります。
 昔からどこの家庭でも神棚を造り、恵比寿、大國様をお祭りしてきました。先祖以来のこの麗しい風習は必ずや子々孫々に至るまで受け継がれていくことでしょう。毎月一日、十五日の月参り、正月三ヶ日、十一月の例大祭には霊験あらたかな美保大國神社に御参拝、御神徳をお受けなされますよう御すすめ申し上げます』
IMGS9771s.jpg
 五社稲荷大神。
IMGS9723s_2016122020273887e.jpg

DSCF7044s.jpg
 大正四年一月造立の花崗石鳥居碑。
IMGS9776s_20161220203340543.jpg
 道祖神祠。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード