木曽御嶽神社(本城一丁目)

DSCF8136s.jpg
 織姫神社の北に聳える両崖山。その頂に鎮座する御嶽神社を目指して出発。標識によればここから1.3km。
DSCF8139s.jpg
『両崖山城跡
○前期古城
 平安時代、天喜2年(1054)藤原秀郷の子孫、伊勢崎淵名城主藤原成行が足利に入部、両崖山に築城したと伝えられます。以来、130年間足利地方を治めました。
 丁度その頃、奥州に乱が起こり、天喜4年、源頼義、義家父子が平定に出発しました。源氏の軍勢は、足利浅間山の南麓を中継基地としました。これがもととなり、源姓足利氏が発生したのです。
 藤原成行の足利進出は、この源氏の面倒を見るためだったとも考えられるかも知れません。
 治承4年(1180)源平合戦が始まると、源姓足利氏の棟梁源義兼は挙兵、頼朝の側近として活躍しました。義兼は頼朝と同じ八幡太郎義家4代の後裔で、母方の従兄弟でした。
 両崖山の藤姓足利氏は立場上、時の政権の平氏の従っていました。源平合戦の時、両崖山城主藤原俊綱の嫡男、足利又太郎忠綱は、京警護のため、平家の軍中におりました。源三位源頼政の軍勢と平家の軍勢が宇治川で合戦となりました。この時、足利忠綱は17歳でしたが、藤原足利氏を率いて宇治川を渡る一番乗りの功名を立てました。この様子は[平家物語]に橋合戦として詳しく書かれて、世に広く知らせています。両崖山の藤姓足利氏は、中立を守ろうとしましたが許されず、治承5年9月、三浦義茂率いる源氏の軍勢が渡良瀬川まで押し寄せてきました。総攻撃の前日、城主藤原俊綱(60歳)の首が源氏の本陣に届けられ、攻撃は中止されました。[吾妻鏡]には、家来の桐生六郎に謀殺されたと書かれています。しかし城主俊綱が自分の首一つで戦いを回避したとも考えられます。藤姓足利氏は消滅し、足利地方は源姓足利氏に統一され治められました。
○後期古城
 戦国時代、足利は古河の公方軍と上野の上杉軍の戦場となりました。
 文正元年(1466)上杉方の武将、長尾景人が代官として足利に入部、岩井山に勧農城を築きました。足利長尾三代政長が両崖山城に移り、再建しました。
 両崖山で戦いが行われたことはありませんでしたが、堅固な城砦として両毛地方に睨みを効かしました。戦国末期、関東は小田原北条氏の支配下となり、北条氏が豊臣秀吉に滅ぼされると、足利長尾氏も滅亡しました』
IMGS0084s_201701091313186d0.jpg
 少し登るとすぐに展望広場。
 ここまで来たことは何度かあるのだが、これより先に進むのは今回が初めて。足利で生まれ育って何十年と経つのになんだかなぁと言う気がしないでもない。
IMGS0086s_20170109131317b34.jpg
 道はごつごつとした石が多く起伏もそれなりにあるがわりと歩き易い。この日は天気が良く風も無い為、寒さを感じずにいられたのも気楽に歩けた理由の一つかも。
IMGS0113s.jpg
 両崖山山頂の標識と注連柱が見えてきたら、山頂まではあとほんの少し。
IMGS0122s.jpg
 参道入口。
IMGS0127s_20170109134910061.jpg
 石祠が並んでいるが、何を祀っているのかは不明。左奥の石祠には「霊神」と刻まれていたので、御嶽教かなにかの中の偉い人が祀られているのかも。山頂の石碑には神習教の文字があったから、そちらかな?
IMGS0143s_20170109134909433.jpg
 一の鳥居。
IMGS0136s_201701091356508c1.jpg IMGS0138s.jpg
 両脇にずらりと並ぶ石祠群。こちらにも○○霊神と刻まれたものがある。
IMGS0156s_201701091437461c4.jpg
 権大教正信重霊神。
IMGS0154s.jpg
 石段の脇に案内板と尾曳稲荷社。
IMGS0153s_20170109140207f43.jpg
 斜めから。
IMGS0150s_201701091402059a3.jpg IMGS0165s_20170109140314bff.jpg
 尾曳稲荷社の由緒を記した石碑と、その奥に正一位大比喜稲荷。
『稲荷の由来
茲に鎮座する社は正一位尾曳稲荷大明神と稱し霊験あらたかな稲荷です 本社は上州館林尾曳城の本丸にあり古来よりすべての願事も叶へられ一家を守護すると傳へられています 明治廿五年父石井清吉は紋織ジャカード機械の製作に頭を悩まし心身共に進退極まった時 尾曳様の話を聞き三七、二十一日の願をかけました 一夜靈夢を見ると身体も直り機械も完成をしました 感激した父は御宮を自ら作り特に尾曳様より分社し仲間斎藤栄吉他五名と語らい同廿七年春浜野先達に先導して貰い苦心難行して此山上に奉納したものです 此の度各所修理し幔幕を奉納し後日の為石碑を作りました
  昭和五十一年四月一日』
IMGS0163s.jpg
『足利市重要文化財(史跡) 足利城跡
 足利城は、足利成行が天喜二年(一〇五四)に築城し五代一二〇年間使われ、その後、室町時代に至り足利長尾氏三代目の景長が修築したが、天正十八年(一五九〇)に北条氏に味方した六代目顕長の没落とともに廃城となった。
 城は山頂部の本丸跡、三方の尾根に作られた段郭と掘切等からなっている』
IMGS0172s_201701091412323ec.jpg
 二の鳥居。
IMGS0204s.jpg IMGS0211s_20170109141333af7.jpg
 案内板と石碑。
 石碑には「勧請百五十年記念碑 両崖山 木曽御嶽神社 平成六年四月吉日 足利神習教丸信支教会」と刻まれている。
 平成六年は1994年だから、そこから150年遡ると1844年となるので天保十五年に勧請されたことになるのかな。栃木県神社誌にはこちらの神社の記述が見当たらないので、詳細はわからない。
IMGS0174s.jpg
 山頂に並ぶ神社。
IMGS0202s.jpg
 中央には御嶽神社。
IMGS0194s_20170109141229c09.jpg
 左側には月讀命 三日月神社、日本武尊、日野大神。
IMGS0177s.jpg IMGS0197s_201701091412286cc.jpg
 右側には大黒天と天満宮。
IMGS0217s_20170109141415da7.jpg
 社殿側から見た二の鳥居。
IMGS0225s_201701091437488ef.jpg
 天狗山の山頂には山神社があるとのことなので、次はそちらへ。
 両崖山頂からハイキングコースを北へ向かうと白鬚神社があるそうなのだが、それはまぁまた後でお参りすることにしよう。
IMGS0230s_20170109143747d7a.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード