香取神社(赤羽西二丁目)

IMGS1025s_201701272133545ca.jpg
 日蓮宗稲付山法真寺の東に鎮座する香取神社(北区赤羽西2-22-7)前の石段。
IMGS1029s_201701272133536a8.jpg
 石段を上ると両脇に狛犬。
IMGS1033s.jpg IMGS1036s.jpg
 台座には「嘉永三庚戌歳九月吉日」と刻まれているので1850年の造立。
IMGS1045s_201701272133515e2.jpg
 鳥居。昭和二十八年九月造立。
IMGS1041s_20170127225132697.jpg

IMGS1053s.jpg IMGS1057s_20170127220943d0c.jpg
 狛犬。
 台座には「嘉永五壬子年二月吉祥日」と刻まれているので1852年の造立。
IMGS1060s_201701272209417fd.jpg
 拝殿。
IMGS1081s.jpg
 斜めから。
IMGS1049s_201701272209428eb.jpg
『北区台帳登載文化財(有形文化財 建造物) 香取神社本殿
 北区赤羽西二‐二十二‐七 香取神社境内
 香取神社本殿は、境内東側に位置する拝殿の後ろに設けられた本殿覆屋の中に安置されています。朱塗りの三間社流造で、屋根は杮葺きです。石の亀腹の上に土台が据えられ、その上に高さ約一〇尺、奥行約八・三尺の社殿が建てられています。
 香取神社は、経津主神・大山咋神・建御名方神を祭神としています。「新編武蔵風土記稿」には「村の鎮守とす、長二尺六寸許の石を神体となせり」と記述され、旧稲付村の鎮守でした。稲付村は十七世紀半ばの郷帳(「武蔵田園簿」)に「御神領」と記され、東叡山寛永寺領に属していました。また、当社とも関係の深い法真寺(赤羽西二丁目)の開山證道院日寿は、東照宮の造営にも深く関与した南光坊天海の弟だったとも言われています。このため、香取神社の本殿は、この近辺に暮らす人びとに、上野東照宮の本殿(内陣)を移築したものだと古くから信じられています。上野東照宮の本殿とは、徳川将軍家が東叡山寛永寺を造営した際に藤堂高虎(津藩初代藩主)が建てたもので、その事業には徳川御三家が協力し、寛永四年(一六二七)に落成したことが知られています。
 平成二十四年三月』
IMGS1070s.jpg IMGS1072s.jpg
『稲付村の力石
 北区赤羽西二‐二二‐七 香取神社境内
 ここにある七つの石は、その一つに「さし石」と刻まれている力石です。
 江戸時代後期から明治時代にかけて、稲付村では、春の彼岸がすぎるころ、少しの間、農作業に暇ができましたので、村の鎮守である香取神社の境内に、村内の力自慢の若者たちが集まって、石の「サシアゲ」などして、力くらべをしたといいます。
 七つある力石のうち、五つの石に重さが刻まれています。軽いものでも十九貫目(約七十一キログラム)、重いものでは五十五貫目(約二百六キログラム)もあります。また、六つの石には、「小川留五郎」と名前が刻まれています。留五郎さんは、稲付村一里塚跡付近にある根古屋の小川家の人で、力が強く、村相撲の大関を勤めたといいます。石鳥居の脇にある明治三十九年(一九〇六)五月建立「日露戦役記念碑」の有志者連名中にもその名がみられます。明治四十年(一九〇七)六月十三日に五十一歳で亡くなりましt。力石は小川家に保管されていましたが、昭和四十年(一九六五)頃に香取神社へ奉納され、現在に至っています。
 力石は、鎮守の祭礼などで、これを持ち上げて、神意をはかるための石占に用いられ、後には、若者たちの力くらべをするための用具ともなっていきました。この力石は往時の稲付村の風俗・習慣を示す貴重な文化財です。
 平成八年三月』
IMGS1063s.jpg
 神楽殿。
IMGS1082s_20170127224507e3a.jpg
 正一位伏見稲荷神社。
IMGS1083s_20170127224506ea3.jpg IMGS1084s_20170127224505129.jpg
 お狐さま。
IMGS1087s_20170127224504f40.jpg
 末社殿。
 榛名神社、古峰神社、御嶽神社、大山阿夫利神社の四社が祀られている。
IMGS1100s_20170127224503d2c.jpg
 富士登山記念碑と関西中国九州巡覧記念碑、そして鳥居の残骸。
IMGS1074s.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード