椙森神社(日本橋堀留町一丁目)

IMGS2046s_20170207184107846.jpg
 東京商品取引所の南側に鎮座する椙森神社(中央区日本橋堀留町1-10-2)。
IMGS2051s_20170207184025853.jpg IMGS2052s_20170207184024748.jpg
 狛犬。
IMGS2064s.jpg
 拝殿。
IMGS2069s_20170207184104ab6.jpg
『椙森神社
 所在地 中央区日本橋堀留町一‐一〇‐二
 椙森神社の創建は、社伝によれば平安時代に平将門の乱を鎮定するために、藤原秀郷が戦勝祈願をした所といわれています。
 室町中期には江戸城の太田道灌が雨乞い祈願のために山城国(京都府)伏見稲荷の伍社の神を勧請して厚く信仰した神社でした。そのために江戸時代には、江戸城下の三森(烏森・柳森・椙森)の一つに数えられ、椙森稲荷と呼ばれて、江戸庶民の信仰を集めました。
 しばしば江戸城下等の火災で寺社が焼失し、その再建の費用のために、有力寺社で当たりくじである富興行が行われ、当社の富も人々に親しまれていました。
 明治維新後も、東京市中の古社として盛んに信仰されましたが、惜しくも関東大震災で全焼し、現在の社殿は昭和六年に耐震構造の鉄筋造りで再建されました。
 境内には富塚の碑が鳥居の脇に立ち、当社で行われた富興行をしのんで大正八年に建てられたもの(昭和二十八年再建)で、富札も残されており、社殿と共に中央区民文化財に登録されています。
 平成八年三月』
IMGS2071s_2017020718410286d.jpg
 御祭神は五社稲荷大神(倉稲魂命、素盞嗚尊、神大市比売命、大己貴命、四大神)。そして恵比寿神を配祀しているとのこと。
IMGS2061s.jpg
 富塚。
『当椙森神社は、遠く一千年の昔、未だ江戸が武蔵野の原と言はれた時代の創建です。
 江戸時代には、江戸三森の一つであり、又江戸商人の発祥の地としても栄えて来ましたが、神社が街の中心にあるため、江戸三富の一つにも数えられる程数多くの富籤が興行された事が記録に、残されています。
 この富籤興行は、江戸庶民の楽しみの一つであり、庶民の泣き笑いが今に思い浮かべることができます。
 この富塚は庶民の心の祈念として大正九年に建立されましたが、関東大震災に依って、倒壊してしまいました。その後、富塚の話を知った氏子の人々は有志を募って、昭和二十八年十一月に再建されたのがこの富塚です。
 この富塚は、他に類を見ないと言はれ、日本で唯一の物です。今日では、宝くじの元祖としれ多くの人々が、心中祈願をしている様です』
IMGS2073s_20170207184102a11.jpg
 神楽殿。
IMGS2079s_2017020719140334a.jpg
 東の鳥居。
IMGS2038s.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード