松島神社(日本橋人形町二丁目)

IMGS2266s.jpg
 中央人形町二郵便局の隣、松島ビル一階に鎮座する松島神社(中央区日本橋人形町2-15-2)。
IMGS2264s_20170209212106cf5.jpg
 本殿。
IMGS2270s.jpg
『松島神社由緒
 江戸時代の国学者賀茂馬淵翁が元文二年(一七三七)十一月十四日より松島稲荷社に寄宿され、当社に於いて神の道を説かれたと「賀茂馬淵翁伝新資料 九十一頁」に記されているが、社記類は大震災と戦災によってすべて灰燼に帰してしまっているので、創立年月日は詳らかではないが、口伝によると鎌倉時代の元享(一三二一)以前と推定される。
 昔この辺りが入り海であった頃小島があり、柴田家の祖先が下総の国からこの小島に移り住み、邸内に諸神を勧請し、夜毎揚げる燈火を目標に舟人が航海の安全を得たと伝えられる。
 正中元年(一三二四)三月二日夜刻三男柴田権太に百難救助すべしとの神示があり、霊験自在円満の感応あり其の奇得を遠近の諸人が信仰し、これにより正一位稲荷大明神の位記を奉られる。
 天正十三年(一五八五)二月十三日住民の希望に従い、邸宅を公開し参拝の自由を許容せり。島内松樹鬱蒼たるにより人々松島稲荷大明神と唱え、又、権太の木像を安置し権太大明神とも俗称された。
  (神社本庁「神社明細帳」)
 正徳三年(一七一三)新町が開設される時に社号に因んで町名を松島町と称した。当時付近を埋め立て武家屋敷を造営するために、日本各地から技をもつ人々が集められそのまま住居を構え、町の中心に位置した松島稲荷にそれぞれの故郷の神々の合祀を頼んだために他社に比べ御祭神が十四柱と多い。
 明治七年四月二日松島稲荷神社の名称を以て村社に列格される。
 大正五年六月十日松島神社と改称。
 昭和八年二月一日都市計画法の実施に伴い蛎殻町四丁目に改称せられ為に松島町は消滅する。

御祭神
 稲荷大神・伊邪那岐神・伊邪那美神・日前大神(天照大神)・北野大神(菅原道真公)・手置帆負神・彦狭知神・淡島大神・八幡大神・猿田彦神・琴平大神・天日鷲神(大鳥大神)・大宮能売神(おかめさま)・大国主神(だいこくさま)』
(「松島神社由緒」リーフレットより抜粋)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード