福徳神社(日本橋室町二丁目)

IMGS2356s.jpg
 福徳の森に鎮座する福徳神社(中央区日本橋室町2-4-14)。
 公式サイトに依ると、御祭神は倉稲魂命で、配祀神に天穂日命と大己貴命、少彦名命、事代主命、三穂津媛命。また太田道灌、徳川家康、弁財天を合祀しているとのこと。
IMGS2370s.jpg IMGS2363s.jpg
『福徳神社由緒
 当社伝来の稲荷森塚碑文によれば、九世紀後半、当地は福徳村と呼ばれ、穀物、食物を司る稲荷神が鎮守の森に懐かれて鎮座していた。福徳村の稲荷は往古より源義家、太田道灌ら武将の尊崇を受け、ことに最初の江戸城を築いた道灌との縁は深く、彼の神霊は当社に合祀されている。徳川家康は天正十八年江戸入部直後に当社を参詣、二代将軍秀忠も慶長十九年に参詣し「福徳とはめでたい神号だ」と称賛し、また当時の福徳稲荷の椚の皮付き鳥居(黒木鳥居)から春の若芽が生えているのを見て「芽吹稲荷」の名を与えた。秀忠は江戸城内の弁財天を合祀し、社地を三百三十坪と公定するなど当社を篤く尊崇した事跡が伝わっている。
 その後、江戸の町の発展と度重なる火災や社家の事情などにより境内地をほとんど失い、一時は消滅の危機に瀕した。それでも氏子有志が福徳神社の祭祀を継承してきた結果、平成二十六年秋、日本橋地域諸氏の尽力により往時の姿を彷彿とさせる境内・社殿が再興されるに至った』
IMGS2364s_2017021022090267e.jpg
 拝殿。
 参拝者がひっきりなしに並んでおり、人気のある神社なのだろう。
IMGS2358s_20170210220901c5e.jpg
 西側の小広場にはガラスケースに納められた祠があるが、こちらはなんだろう?
IMGS2372s_2017021022090304f.jpg
 中央通りに面した参道入口。

 以上で2月4日参拝分終了。
 使用機材はK-5IIsにDA16-85mm、DA FISH-EYE 10-17mm。X30。
 ウォーキングカウンターは16,707歩。
 この後はヨドバシAkibaでPENTAX KPのカタログを貰ってから帰宅。KPいいなぁ欲しいなぁとは思うものの、そう遠くないうちにK-3IIの後継機が出て来るだろうからそれまで様子見かな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード