三仏堂(片岡町三丁目)

IMGS2562s_20170302214100efe.jpg
 護国神社の東に鎮座する三仏堂(高崎市片岡町三丁目)。
 手前に伊津奈大権現への案内板が見えるが、そちらにはここから西へ120m程歩いて行くと到着する。またこの案内板の脇に伊津奈大権現の由緒書きが設置されている。
IMGS2570s.jpg
 三仏堂。
 「弎佛堂」と書かれた額が掛けられている。
IMGS2576s.jpg
『三仏堂の沿革
この地に昔から厄除地蔵尊が祀ってありました。このたびの解体により群馬県片岡村の福島吉平氏の貴重な記録が発見され明治二十九年に再建されたことが判りました。往時大人相撲も盛大に行われ近郷近在より大勢の参観者で賑わい落合厄除奉納相撲としてその名を轟かせておりました。その後昭和の初期当時落合在住の小野幸太郎氏の協力により改修され今日に及んでおりました。現在では毎年八月二十三日に町内児童公園で行なわれている念仏会と子供相撲が厄除祭祀として引き継がれております。
平成五年七月従来の公民館を解体して住民会館を建設することになり用地狭小のため敷地内に鎮座の薬師堂と石仏を解体して地蔵堂の領内に移転す、釈迦如来、薬師如来、地蔵菩薩の三尊を祀り名称を「三仏堂」と改め、三体を一堂に合祀いたしました。又庚申塔ほか由緒ある石仏も三仏堂の領内に安置いたしました。
ここに伝統ある遺産を合祀する堂宇建立にあたり歴史の一端を偲びつつ郷土の文化財産保存と住民祈願のお堂として末永く敬愛されることを念願いたします。
  平成五年十二月吉日』
IMGS2571s.jpg
 庚申塔、如意輪観音、美善大明神、地蔵尊、如意輪観音。
 美善大明神は上部が破損しているため美善で正しいのかどうかわからないが、見える範囲ではそのように読める。
IMGS2577s.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード