飯玉神社(上大類町)

IMGS2917s_201703051822539b2.jpg
 上大類団地の東側に鎮座する飯玉神社(高崎市上大類町1239)。
IMGS2933s_20170305182250e86.jpg
『飯玉神社由来記
 当社は上大類村の西北部に在り氏子約百戸神域は南北約二百米、東西約二十米、参道は長く往時はその両側に杉の大木が林立し昼尚暗き鎮守の森として親しまれていた。春秋の宵祭りには大小百余の灯籠の列が夜空に聳える杉の木立に映えて壮観であった。大東亜戦後昭和二十七年社殿の改修工事費に充てるため神域の南半部を伐採整地し周囲に数十本の桜を植樹した。現在ここは神苑となり町民のスポーツと憩いの場となり春の花見の頃は桜花爛漫とても見事である。
 当社の祭神は宇気母智神(農耕の神)と菅原道真公(学問の神)の二柱で勧請の時は詳でない。明治三十九年十二月二十八日村社に昇格、明治四十年十月八日当時村内各所にあった諏訪社二社稲荷社二社天神社の無格五社を合祀した。この社には長さ五七糎、径六・八糎程で両端に相称形に切込みのある暗灰色をした緑泥片岩の石棒が社宝として安置されている。
 社殿は天正十二年庚申九月奉建創祀され、その後享保七年壬寅龍記九月十九日再建され、更らに嘉永年間にも建替えられている。近年では昭和二十七年に至り、建替後百四十数年の風雪にたえ破損甚しく大改修の必要に迫られ、氏子を始め村出身者の寄進と神域の杉用材により同年秋に造営されたのが現存の社殿である。その後平成四年秋拝殿の一部の改修、および玉垣工事が行われ現在に至っている』
 龍記ってなんだろう。龍集ならわかるのだが。
IMGS2926s_20170305182249d95.jpg
 境内入口の脇に地蔵尊、道祖神、双体道祖神。
IMGS2902s_20170305182252e56.jpg
 拝殿。
IMGS2890s_20170305182251f1a.jpg
 斜めから。
IMGS2892s.jpg
 左奥は湯殿三山供養塔と八幡宮。右の赤い祠は……なんだろう? 稲荷社だろうと思うのだが、天狗の面が落ちているのが気になる。
IMGS2895s_2017030519065524b.jpg
 左端は御嶽山大神。右から二つ目の石塔は子大権現。他の石祠四基は不明。
IMGS2898s_20170305190654618.jpg
 鹽竈三座。
IMGS2866s.jpg
 庚申塔群。

 以上で2月25日参拝分終了。
 使用機材はK-5IIsにDA16-85mm、K50mm F1.4。IXY Digital 400。
 ウォーキングカウンターは15,534歩。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード