貴布禰神社(結城)

IMGS3464s.jpg
 曹洞宗見龍山覚心院乗国寺の200m程東に鎮座する貴布禰神社(結城市結城3119)。
IMGS3474s.jpg
 こちらの神社も結城百選に選出されている。
IMGS3496s_20170312180005252.jpg
 拝殿前の石燈籠は結城市指定文化財であり、左の石燈籠は元禄十二己卯年(1699)、右の石燈籠は延享元甲子年(1744)の造立。
IMGS3493s_20170312180002cf1.jpg
『貴布禰神社
一、祭神 高龗命
  境内社 稲荷神社(倉稲魂命)
一、由緒
 社伝に康元元年(一二五六年)結城大蔵少輔朝広が創建した。宝永七年(一七〇一年)宗源宣旨により正一位を奉授された。明治十五年四月十五日に村社となった。大正元年十二月当町内無格社天神社(菅原道真)を合祀した。昭和二十七年八月二十一日宗教法人に改組された。
 昭和六十年四月一日』
IMGS3520s_20170312180004f77.jpg
 拝殿斜めから。
IMGS3521s.jpg
 横から。
IMGS3531s.jpg IMGS3528s_20170312181956e46.jpg
IMGS3530s_20170312181955ee2.jpg
 本殿。
 こちらの本殿彫刻も結城市の文化財に指定されている。
DSCF8774s.jpg DSCF8782s.jpg
 本殿西面の彫刻と東面の彫刻。
DSCF8777s.jpg
 北面の彫刻。
IMGS3555s_2017031218283898f.jpg IMGS3542s_20170312182839abf.jpg
 結城市指定文化財の宝篋印塔。
 左の祠は大師祠。後ろには地蔵尊や如意輪観音、馬頭観音、その他供養塔などが並んでいる。
 宝篋印塔には以下の文が刻まれている。
(東面)經曰若有有情
    能於此塔一香
    一華禮拜供羪
    八十億劫生死
    重罪一時消滅
(南面)生免災殃死生
    佛家又曰所得
    功徳説不可盡
    奉納寶篋印陀羅尼
(西面)願以此功徳
    普及於一切
    我等與衆生
    皆共成佛道
(北面)上求菩提
    下化衆生
    寛政四壬子歳
    四月大善根月
     生國小森村
      願主 観印徳■■■
IMGS3513s_20170312182910d4f.jpg
 天満宮と稲荷神社。
 稲荷社参道脇に六つのコンクリート製の土台らしきものがあるが、並びから見てお狐様か、或いは拝殿のようなものが以前は設置されてたのだろうか?
IMGS3551s_20170312182909ef9.jpg
 馬頭尊と石祠。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード