浅間神社(結城)

IMGS4104s_2017031918000021b.jpg
 木町交差点のそば、茨城県道264号線に北面して鎮座する浅間神社(結城市結城50)。
 鳥居の柱には「昭和八年四月吉日」と刻まれている。
IMGS4109s.jpg IMGS4113s_2017031917595753d.jpg
 一見変わった形の燈籠かとも思ったが、末社なんでしょうかね? 背面には「平成十年十一月吉日 島田建設(株)」と刻まれている。
DSCF8881s.jpg
『浅間神社
御祭神 木花開耶姫命
由緒、沿革
創建は詳らかでないが霊峰富士山は大和民族の心のよりどころとして古来より信仰され、江戸時代頃行者、先達等の影響によって富士講が組織され次第に神社の形体が整ったものと思われる。この地より富士山を拝し、富士山の御神体を模し富士塚を形成し、富士浅間神社を祀り、遥拝所(社殿)を造営して、火難消除、安産、機織りの守護神として崇められた。また大町の守護神として今日まで信仰を集め、今回町内挙げて奉賛会を組織して、大改修工事を着工し、無事竣工の秋を見、未来永劫その御神徳を忘れることなく子々孫々に伝えるものである。
 平成十戊寅年十一月吉日
     撰文 浅間神社宮司小貫隆嗣』
IMGS4119s_20170319175956c2d.jpg
 拝殿。
DSCF8882s.jpg
 中には三基の石祠が納められている。
IMGS4098s_201703191820111aa.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード