雪光稲荷神社(結城)

IMGS4539s_201703232040068bd.jpg
 稲荷通りと国府町通りの交差する脇に鎮座する雪光稲荷神社(結城市結城562
 鳥居の柱には「平成二十三年十月吉日 氏子中」と刻まれている。
IMGS4545s_201703232040045c4.jpg
 拝殿。
IMGS4547s.jpg
『雪光稲荷神社由緒
御祭神 宇迦之御魂神(倉稲魂)
御由緒
正式の社名は稲荷神社。永正年間(一五〇四~一五二一)に稲作に蝗旱(害虫、日照り)の災いおこり近郷の農民驚嘆し孝顕寺住職に懇願する。稲荷大神を勧請、祈誓した甲斐あり収穫を得たり。
この明徳に感激し此の地に稲荷神社を創建したといわれる。明治までの神仏習合時、孝顕寺の境外仏として、いわゆる雪光稲荷と呼ばれ親しく祀られていた。その後神仏分離により無格社稲荷神社となり、戦後、神社本庁包括宗教法人稲荷神社となり、白銀町守り神の内、その一社として、町民十人に清掃輪番等を設け、手厚く崇敬されている。白銀町の町名に雪光稲荷に由来するものと思われる。
平成十七年春雪の暁、不審火により社殿焼失、その後町内氏子一丸となり茲に社殿を創建する。稲荷の大神は生命の根源を司る「いのち」の根の神として、商業、工業、農業の殖産興業神、人々の生活生命すべての守護神であり、広大無辺の御神徳を町内住民、忘れることなく子々孫々未来永劫に伝えるものである。
           撰文 稲荷神社 宮司 小貫隆嗣 謹撰』
IMGS4555s.jpg
 末社。
IMGS4564s_20170323204000b0e.jpg
 南側から。
IMGS4558s.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード