稲荷神社(緑区大間木)

IMGS4774s_20170326150711c78.jpg
 附島氷川女体神社から東へ120m程、県道103号線脇に鎮座する稲荷神社(さいたま市緑区大間木1914)。
 門が閉められており、入って良いのかどうかわからなかったのでとりあえずここからだけで。
DSCF8937s.jpg 
稲荷社 御由緒
 さいたま市緑区大間木一九一四
□ 御縁起(歴史)
 八代将軍徳川吉宗の命により、見沼干拓のために紀州から呼び寄せられた伊沢弥惣兵衛為永は、この難事業を享保十二年(一七二七)に成し遂げた。この事業によって失われた見沼溜井に代わる用水として開削されたのが見沼代用水で、その竣工は享保十六年(一七三一)である。見沼代用水は、農業用水として利用されただけでなく、舟運にも利用され、陸上交通が発達する昭和初期まで、江戸(東京)と用水縁辺の村々との間の物資の輸送に重要な役割を果してきた。
 当社の鎮座する八丁は、この見沼通船の会所が設けられ、重要な荷揚げ場となっていた所で、船頭など舟運にかかわる人々も多く居住し、まさに見沼通船の基地であった。『明細帳』には、当社の由緒について「創立享保十六亥年九月其他不詳」と記されているが、この創立年から、当社は、見沼干拓による新田開発に伴ってこの地に住み着いた人々が勧請した神社であると思われ、本殿には勧請の際に受けた神璽などを納めていたものらしき筥が残っている。
 また、境内には天保二年(一八三一)三月大吉日に氏子中が幟立を奉納していることや、天保六年(一八三五)二月初午に氏子の鈴木粂之助が手水鉢を奉納していることから、このころ境内の整備が図られたことが推測される。更に、拝殿内の額から、明治二十八年に参道の敷石や幟竿及び幟竿置場の奉納があったことがわかる。
□ 御祭神
 ・倉稲魂命・・・五穀豊穣、商売繁盛
□ 御祭日
 ・歳旦祭 ・初午(二月初午)
 ・春禦(三月二十八日) ・お日待祭(十月十五日)

IMGS4776s_20170326150709d7e.jpg
 青面金剛。
 側面には「安永六丁酉九月吉日」と刻まれているが、この本体部分だけ色が違うのはどうしたことだろうか。継ぎ目は見えないのでここだけ造り直したということも無さそうなのだが、はて。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード