水神社(緑区大間木)

IMGS4790s_201703261531438a2.jpg
 芝川に架かる八丁橋の脇、県道103号線に面して鎮座する水神社(さいたま市緑区大間木2395)。
DSCF8948s.jpg 
水神社
 水神社は、見沼通船堀が開通した翌年の享保十七年(一七三二)六月の創建と伝わります。祭神は、水の神である罔象女命をお祀りしています。
 享保十六年、伊沢弥惣兵衛為永によって開削された見沼通船堀が開通し、江戸と見沼代用水路縁辺の村々との物資輸送が可能になりました。船は、代用水路縁辺の河岸で荷物(江戸時代においては年貢米が主でした)を積んで江戸へ行き、帰りは肥料、塩、酒などの商品を積んできました。荷物の積みおろしをする河岸場は、芝川と東西の用水路沿いに五十九カ所あり、ここ八丁にも河岸場がありました。八丁河岸周辺には、河川輸送に携わる人たちが住んでおり、水神社は、そのような仕事につく人たちが、水難防止を祈願して祀ったものです。
 なお、本殿は大正十二年九月一日の大地震により全壊し、同十三年に再建されたものです。また、境内は国の史跡「見沼通船堀」の一部になっています。
 平成二十四年三月

IMGS4797s.jpg 
抑當通船堀者見沼代用水路開掘後享保十五年井澤惣弥兵衛爲永之所設
計也連絡東西代用水路興中悪水路築造閘門於上下各二ケ所宛翌十六年
竣工共得許圖自深谷至東京廻米之便當時此水路之通船権者高田茂右衛
鈴木文平両者之所有而両者被給通船屋敷予江戸神田花房町反武刕尾間
木村文政三年以後髙田氏之支配也隆而明治七年髙田貢平氏受通船堀反
附屬地之拂下于埼玉縣令后一切之権利移於見沼通船會社■後■岡村俊
太郎氏鈴木順太郎氏小嶋藤七氏之盡力大正二年船子之者受之拂下而又
守護神當水神社之鎮座敷地者鈴木順太郎氏外二十五名所有也偶遇大正
十二年九月一日之大震災也社殿全潰八町山口之倒潰家屋■及五十余戸
然救水難神威遂揺諸氏至得恊賛大正十三年起工令十四年落成四月三日
舉行御遷宮式茲記念運河閘門之遺蹟並水神社再建設碑以梗漑傳永久■
 昭和四年十月 髙槁佐平謹書 大工石塚于四郎
 ■の部分はちゃんと文字はあるのだが、読み取り難かった部分。
IMGS4802s.jpg
 水神社本殿と末社。
IMGS4804s_20170326153139924.jpg

IMGS4994s_201703261531380e0.jpg
 通船堀大橋から見た水神社。
IMGS5000s.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード