厳島神社(緑区下山口新田)

IMGS4841s_2017032718422319d.jpg
 見沼代用水東縁の傍に鎮座する厳島神社(さいたま市緑区下山口新田78)。
IMGS4832s.jpg
 拝殿。
IMGS4844s_20170327184221e7a.jpg
大熊志水居士之碑
志水居士諱元吉字明道姓大熊氏號志水居士又號化陽庵武
藏國北足立郡大間木邨人父大熊五郎右衛門朝祝母大熊氏
名美喜子以文化四年生家世郷望族居士天資温良謹敏夙夜
勉作業及居士之世大起家産重義軽財好施與先鰥寡天保四
年癸巳及七年丙申歳荐饑輙發金穀救濟數千百人生平守儉
素痛斥奢侈凢遇有當費曾不恡情有餘暇則學文演武就稻垣
玄節翁學天経皇典及撃劍精力絶人學通和漢旁渉天文地理
兼善詩文及和歌以至俳諧圍棊之細皆莫不究其妙事親純孝
與兄弟友惟樂其志片言隻行無悖父母之意與人交信而敬赴
人緩急風雨疾病不爽晷刻小事如是况於大事乎故隣里郷黨
景慕如神天保十三年壬寅九月二十一日罹病而卒享年三十
有六卒之日吊者數千人無不哭泣者葬于本邨先塋之次如居
士之才之徳假令立於廟堂則為蒼生霖雨以澍天下矣嗟夫天
烏優其徳而嗇其壽乎哉配石關氏擧二男二女長曰正名克紹
先業不墜家聲頃者將鐫先考之遺徳於貞珉以之下山口里厳
島神祠傍以傳不朽作状索余銘之正名第三子駿二有才學幼
遊余之門義不可辤為之銘曰
高雅丰釆 嚝達器宇 勤儉興家 純孝事父 俛焉治生
欝中興祖 賑窮救饑 甘露膏雨 學通和漢 驗今考古
濟世之才 修文講部 草奔遺賢 郷里規矩 千載徳望
春風和照
明治二十一年十月 神道管長従六位平山省齋譔并書
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード