柳崎氷川神社(柳崎五丁目)

IMGS5043s.jpg
 埼玉県道235号大間木蕨線の脇に鎮座する柳崎氷川神社(川口市柳崎5-20-1)。
DSCF8983s.jpg 
氷川社 御由緒
 川口市柳崎五-二〇-一
□ 御縁起(歴史)
 柳崎は八木崎とも書き、見沼に突き出た台地上にある。戦国期に見える地名で、永禄七年(一五六四) の太田氏資判物写に「柳崎之内原分」とある。更に『風土記稿』によれば、元は大谷口・井沼方・中尾・柳崎の四か所で一村をなしていたといい、元禄年間(一六八八-一七〇四)のころに分村したとされる。
 本社である武蔵国一宮氷川神社は、正保期の古図を見ると、広大な見沼を望む高鼻と呼ばれる高台の鬱蒼たる杜の中に鎮座しており、当社もこれに倣って見沼を望む台地上に祀られたものであろう。
 『風土記稿』には 「氷川社 当村及び井沼方等二村の鎮守なり、観音院の持、社内に慶安二年(一六四九)の棟札があり、表面の中央に奉新造氷川大明神云云と書し、左右に武州足立郡木崎領八木崎村、同郷之内八木崎云云、御代官熊澤彦兵衛と記し、左傍の下に野口左京・小嶋金彌と並べ書し、其外に外記といへるをも並べ記したれど、名のみにて姓氏の所は消て読得ず(以下略)」とあるが、その棟札の所在は不明である。また、別当観音院は大慈山東光寺と号する天台宗の寺院で、本尊の子安観音は元亀二年(一五七一)の織田信長による比叡山焼き打ちの際、坂本の地から難を逃れた僧恵海がこの像を背に東国に霊地を求め巡錫に出て、この柳崎の地が、坂本の旧地に似ていたのを見て喜び、尊像を奉安したとの由来が伝えられている。
□ 御祭神
 ・須佐之男命・・・災難除け、安産・縁結び、家内安全
□ 御祭日
 ・元旦祭(一月一日) ・お日待(十月十五日)

IMGS5050s_20170328201451799.jpg
 一の鳥居。
IMGS5054s.jpg
 二の鳥居。
IMGS5106s.jpg
 拝殿。
IMGS5064s_20170328201448ef3.jpg 
柳崎氷川神社
 本社の草創は明らかではないが、江戸時代の『新編武蔵風土記稿』によると、当時、柳崎及び井沼方二村の鎮守であったとの記載が見られる。本殿の建立年代は、棟札の記述から慶安2年(1649)頃と伝えられるが、その後、明治6年(1873)村社となり、同41年(1908)には、字後町の稲荷神社及び白山社、字西ヶ原の稲荷社を合祀し現在に至っている。なお、現在本殿は、拝殿付覆屋の中に納められている。
 現本殿の形式は、一間社流れ見世棚造、屋根は目板葺で、桁行1.305m(4.31尺)梁間1.180m(3.89尺)の身舎に0.970m(3.20尺)の向拝を付ける。身舎は、切石上に井桁を組んだ土台に円柱を立て、内法長押で結び、舟肘木で桁を支える。妻飾りは猪子扠首組で、破風拝みの装飾は猪の目懸魚。向拝は、面取りの方柱上に舟肘木、軒桁が渡されており、身舎と直線的な繋虹梁で結ばれている。また、向拝柱前面に七段の木階が付く(これはこの地域の見世棚造の特徴である)。本建築は江戸時代中頃のものと考えられるが、見世棚造の原型を思わせる簡素な構造と意匠を持ち、当地域における同建築様式を知る上で、大変貴重な例である。
(平成6年8月18日 市指定)

見世棚造
 神社本殿建築様式の一つ。比較的小規模な建築で、井桁に組んだ土台上に建てられ、身舎の前面から向拝柱にかけて床板が貼られている特徴を持つ。その様相が店舗の陳列棚に似ていることから、その名が付けられたともいわれている。
 古くは、平安時代の『信貴山縁起絵巻』や江戸時代初頭の『洛中洛外図屏風』等の絵巻物や屏風絵中に、しばしばその姿が見られる。鎌倉時代から江戸時代にかけて造られたものが全国各地に現存する。
 この柳崎氷川神社本殿は、組物に舟肘木を用いることや、繋虹梁に施されている簡略化された眉彫等、全体的に見て簡素な見世棚造の典型ともいえ、僅かに、三芳野神社末社蛭子社、大黒社(川越市/県指定文化財)、愛宕神社本殿(上尾市/市指定文化財)等に類例がうかがえるのみである。また、木階の数も7段と多く、当地域の木階付見世棚造として大変珍しい存在である。

周辺の見世棚造神社建築
 近年の調査研究の結果、全国的にみても、埼玉県、特に本神社の周辺地域(主に見沼低地以西)には、板葺屋根で向拝柱前面に木階を設け、猪子扠首の妻飾を有する見世棚造本殿が数多く分布することが明らかにされた。
①柳崎氷川神社本殿 :江戸時代(川口市:市指定)
②前川神社本殿   :桃山時代(川口市:市指定)
③搗島氷川女体社本殿:江戸時代初期(浦和市:市指定)
④大牧氷川女体社本殿:寛永13年(1636)(浦和市:県指定)
⑤太田窪氷川神社本殿:桃山時代(浦和市:市指定)
⑥大谷場氷川神社本殿:寛文6年(1666)(浦和市:市指定)
⑦本太氷川神社本殿 :慶安3年(1650)(浦和市:市指定)
⑧片柳沖郷弁天社本殿:桃山時代(大宮市)
 (社殿の規模は、大谷場氷川神社のみ三間社、他は一間社)

IMGS5092s_20170328202653d1d.jpg
 氷川天神社。
IMGS5082s_201703282026523bf.jpg IMGS5087s_20170328202620be3.jpg
 その奥には稲荷社と第六天。
IMGS5074s_201703282026541d6.jpg
 白山神社、桜稲荷社、三峰神社。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード