徳壽神社(永代二丁目)

IMGS6922s_2017042901031682e.jpg
 巽橋と越中島橋の中間辺りに鎮座する徳壽神社(江東区永代2-18-2)。
 由緒書きは見当たらないのでググってみると富岡八幡宮のサイトにこちらの神社の記述があり、それに依ると、嘗て当地には高津家(鰹節のにんべん)の長屋があり、その掘割に流れ着いた稲荷大神の御神像を長屋の人達が祀るようになったのが徳壽神社の創祀であると伝えられているのだそうだ。それが何年のことなのかは記されていないが、にんべんの本店を構えたのが享保五年(1720)であるそうだから、それ以前ということはないだろう。現在は所有者であった高津伊兵衛氏が富岡八幡宮に寄進したことにより、その境外末社となっている。
IMGS6933s.jpg
 石鳥居の柱には「昭和四十三年十月吉日建」「干場惠次郎納」と刻まれている。
IMGS6915s_20170429010313e96.jpg
 北側の鳥居。
IMGS6937s_20170429014651d15.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード