清正公寺(日本橋浜町二丁目)

IMGS7081s.jpg
 日本橋浜町公園の端に位置する日蓮宗六条門流肥後本妙寺別院清正公寺(中央区日本橋浜町2-59-2)。
IMGS7096s_20170429160324eb7.jpg
 本堂。
 由緒書きが見当たらないのでググってみると、熊本藩第十代藩主細川斉護が文久元年(1861)に肥後本妙寺から加藤清正公の分霊を勧請して当地にあった下屋敷に創建。その後明治維新の際に加藤神社と称したが明治九年に閉社、明治十八年に仏式に戻し浜町清正公堂と改称。同時に経営管理を熊本県の日蓮宗肥後本妙寺に委託したとのこと。
IMGS7093s.jpg
 横から。
IMGS7105s_20170429160321d08.jpg
 清正公寺の近くには「浜町高虎」と言う染物屋があった。
 加藤清正と共に築城の名人と言われた藤堂高虎を思い出す屋号だが、それとはまるで関係無く、初代の高橋虎雄氏に由来するのだそうだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード