団地稲荷神社(下豊岡町)

IMGS0445s_20170915201513b51.jpg
 豊岡団地公民館脇に鎮座する団地稲荷神社(高崎市下豊岡町1280-28)。
 天照皇大神宮を参拝した後は群馬八幡駅から信越本線で高崎駅まで戻ろうかとも思ったのだが、やはり折角来たのだからと踵を返して団地稲荷神社へ。さすがにもうお祓い行事は終わっていたので人の姿は見えなかった。
IMGS0453s.jpg
 左手前の石碑には「果之山 正一位稲荷大明神」と刻まれている。
IMGS0457s.jpg

IMGS0315s_20170915201510bd7.jpg 
稲荷神社
 この稲荷は、昔から「ハケノ山稲荷」「原の稲荷」などの通称があります。いつ、どんな理由で建てられたか不明ですが、常夜燈(残欠竿石)には文政八酉年(一八二六)三月、願主青木源兵衛と刻まれています。「果之山」の碑は昭和三十八年(一九六三)建立、裏面に十四名が連記されています。
 「ハケ(端気)」と「果」は同義で崖の端を意味します。この辺りが、烏川と碓氷川により形成された河岸段丘の、秋間台地から若田・八幡台地を経て続く豊岡台地の東端で、この先は崖となり豊岡地区の最も低地になります。その地形から「ハケ」などと呼ばれて来たようです。
 昭和三十四年(一九五九)に豊岡団地が造成されましたので、鳥居には「団地稲荷大明神」の掲額が掲げられています。お祓い行事が、年に一度、八幡神社神主のもと行なわれています。


IMGS0462s_201709152032204a6.jpg
 団地稲荷の80m程南にある三角地に鎮座する石祠
 文字らしきものが刻まれているのだが、よくわからない。
IMGS0465s.jpg

 以上で9月3日参拝分終了。
 使用機材はK-5IIsにDA16-85mm、DA FISH-EYE 10-17mm。X30。
 ウォーキングカウンターは25,121歩。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード